スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
山食
 2013.11.30 Sat
written by なあな♪
久々に焼く。美味しかった!!
131130イギリスパンカット
131130イギリスパン
スポンサーサイト
23:48:41 | パン(イースト) | comments(0)
ツナ・プチトマト・パセリのケークサレ
 2013.11.15 Fri
written by なあな♪
131115パセリとトマトのケークサレ
23:46:24 | フランス料理 | comments(0)
アルプラーマグロネン Alplermagronen
 2013.11.10 Sun
written by なあな♪
スイス・独語圏の料理。アルプラーはアルペンの牧夫、マグロネンはマカロニ。アルプス山中で暮らす人々が、放牧中の山小屋でありあわせの食材で作った料理が起源と言われる。日本では、どちらかと言うとフォンデュやラクレットなど仏語圏スイス料理の方が有名かもしれない。アルプラーマグロネンは、現地では家庭料理としてもお馴染みだそうだが、スイスアルプスの観光地のレストランでもよく見かける。
グリュイエールなどのチーズたっぷりの生クリーム風味のマカロニで、具は茹でジャガイモだけが基本(玉葱・ベーコンを加えても良い)。フライドオニオンをトッピングして、アプフェルムス(摩り下ろした林檎のソース)をかけていただくのが定番。かなり濃厚な味わいのお料理だが、甘酸っぱいアプフェルムスを混ぜることで後味が軽くなり、食が進む。簡単に作れて期待以上に美味しい、おすすめのスイス料理。
131110アルプラーマグロネン
23:54:34 | その他各国料理 | comments(0)
葡萄のタルト
 2013.11.02 Sat
written by なあな♪
実家から届いた巨峰とピオーネをたっぷりと使ったタルト。半分にカットしたぶどうを皮付きのままアーモンドクリームの上に並べている。焼いた葡萄は、甘さがギュッと濃縮され美味。
タルトのほか、葡萄のクラフティも作る。
131102葡萄のタルト
23:49:15 | フランス菓子 | comments(0)
マロンシュー
 2013.11.02 Sat
written by なあな♪
自家製マロンペーストと生クリームをサンド。
131102マロンシュー
23:48:03 | フランス菓子 | comments(0)
ブニュエロス・デ・ビエント Buñuelos de viento
 2013.11.01 Fri
written by なあな♪
ムスリム支配時代の菓子を起源とするスペイン伝統菓子。スペイン風ドーナツと紹介されることもあるが、揚げシューに近い。四旬節や万聖節のお菓子としてお馴染み。カタルーニャでは、四旬節中の聖ヨセフ(サン・ホセ)の日に行われる火祭り(キリスト教以前では新年祭)で食べられる、生地に南瓜を練り込んだブニュエロス・デ・カラバサ(ブニョール・デ・カラバッサ)が有名。万聖節で食べられるブニュエロス・デ・ビエントは「風のブニュエロ」。膨らんだ形が名前の由来だろう。揚げ菓子だが、中空のさっくりとした生地は重くないため、何個も手が伸びてしまうので要注意。
ブニュエロは似たようなものが中南米のスペイン語圏でもよく食べられている(キャッサバ生地を揚げたブニュエロであることも多い)。また、現在、アラブで食べられている丸い揚げドーナツはルゲイマートと呼ばれている。
131101ブニュエロ
23:45:32 | スペイン菓子 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。