枇杷のタルトレット
 2013.07.20 Sat
written by なあな♪
バニラ風味の枇杷(実家産)のコンポートを使ったタルトレット。マフィン型の底にタルト生地を敷き、アーモンドクリームを入れ、枇杷のコンポートを乗せて焼いてみた。飾りのバニラ棒は、コンポートで使用したもの。
130720枇杷のミニタルト
22:39:45 | フランス菓子 | comments(0)
ウォルミスペル・シュトロイゼルクーヘンWollmispel Streusel Kuchen
 2013.07.18 Thu
written by なあな♪
枇杷(ウォルミスペル)のクランブル(シュトロイゼル)ケーキ(クーヘン)。枇杷はドイツではあまり馴染みのない果物だが、独・墺菓子でよくケーキのトッピングに使われるクランブルを振ってドイツ風ケーキにしてみた。
独語で枇杷はウォルミスペル。ジャパニッシェ・ウォルミスペルと「日本」を付けることもある。ウォルは羊毛(ウール)、ミスペルはセイヨウカリン。セイヨウカリンに少し似ていて、枇杷は皮にうぶ毛があるからだろう。ちなみにフランス語でも、枇杷はビバッスあるいはセイヨウカリン(ネフリエ)に似ているとして、ネフリエ・ドゥ・ジャポンと呼ばれる。フランスでは栽培もされているが、ドイツではトルコ産の輸入缶詰が入手しやすいようだ。
実家産の枇杷をバニラ(お土産で頂いたマダガスカル産)風味のコンポートにして使用。アプリコット、キルシュなどのフルーツを使ったクーヘンはよく食べられているので、枇杷の味はドイツでも抵抗感なく受け入れられると思う。
130718枇杷クランブルケーキ
130718枇杷クランブルケーキカット
23:59:11 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
ジャガイモクッキー
 2013.07.18 Thu
written by なあな♪
小麦粉不使用。生地は、マッシュしたじゃが芋、グラニュー糖、アーモンドプードルを同量混ぜるのみ。松の実をトッピングして焼き上げる。しっとり、ねっとりした食感でアーモンドの風味が良い。ちょっと珍しい美味しいお菓子。
130718ジャガイモクッキー
参照レシピ:紅茶にあう菓子 コーヒーにあう菓子123
23:50:51 | その他菓子 | comments(2)
パン・オ・ポム・ド・テール
 2013.07.13 Sat
written by なあな♪
じゃがいもパン。マッシュしたジャガイモを粉と同量入れる。砂糖も多め、牛乳、バター入りのリッチな生地。ジャガイモの風味は全く感じないが、ほんのり甘く、しっとり・もちもちした美味しいパン。本の解説によると、スペインからフランスに伝わったレシピとか。
130713パン・オ・ポムドテール横
参照レシピ:ル・コルドン・ブルーのフランスパン基礎ノート―サブリナを夢みて〈3〉
17:05:14 | パン(イースト) | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する