スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
トード・マン・カオポッド
 2013.06.27 Thu
written by なあな♪
タイ料理、トウモロコシのかき揚げ(カオポッド=トウモロコシ、トード=揚げる、マン=脂)。トード・マンは魚(プラー)や海老(クン)などの魚介類のすり身を揚げる料理で、よく「タイ風さつま揚げ」と紹介されている。タイでは伝統的にはもちろん、近年までトウモロコシの食習慣はなく、食べられるようになったのは1990年代以降といっても良いくらい(2009年FAO食料需給表(粗供給量)で36kcal/日、日本の約半分)。
現在でもヤングコーンを炒めたり、粒をデザートのトッピングに使う程度のようだが、そんなタイの数少ないトウモロコシ料理の代表が、こちらのトード・マン・カオポッド。基本的にはトード・マン・プラーのレシピと同じ。コブミカンの葉(バイ・マックルー)をアクセントとして、レッドカレーペーストやココナツミルクやナム・プラーで味付けをして油で揚げる。
トウモロコシの甘さとレッドカレーペーストのほんのりした辛さが良く合う。甘いスイートコーンでも美味しいが、ワキシーコーンで作るとそのもっちりとした食感がまた絶妙。おすすめのトウモロコシ料理。
130627トードマン・カオポッド1
スポンサーサイト
00:06:59 | タイ料理 | comments(0)
サブレ・サレ
 2013.06.27 Thu
written by なあな♪
砂糖少なめ、チーズ風味の塩味サブレ。黄色(ターメリック)、赤(パプリカ&トマトペースト)、緑(抹茶&乾燥バジル)
130627サブレ・サレ
00:04:20 | その他菓子 | comments(0)
ヴォロヴァン Vol-au-Vent
 2013.06.19 Wed
written by なあな♪
ベルギー料理、鶏肉のクリーム煮込みのパイケース詰め。ヴォロヴァンはVol-au-Vent、「風で飛ぶような」で、パイケースの軽やかなサクサクした食感から名付けられたもの。
かつてパイはあくまで肉や魚などの食材を包むための素材で、滲み出たエキスを吸ったしっとりとした食感で、王侯貴族なら中身だけ賞味してパイは食べないということもあった。やがてパイ自体も味わうために、パイを別に焼いてそこに料理を詰めたり掛けたりするようになってヴォロヴァンが生まれた。フランスでは小型化してブーシェ(bouchee=一口)と呼ばれることも多く、またデザート用にも使われる。
ベルギー料理のヴォロヴァンは鶏肉のクリーム煮込みを詰めたり掛けたりすることが多いが、他のものでも勿論構わない。数種類用意すればちょっとお洒落な食卓を演出することが出来る。
130619ヴォロヴァン
00:01:13 | その他各国料理 | comments(0)
さくらんぼのクラフティー
 2013.06.08 Sat
written by なあな♪
実家産サクランボで。簡単で素朴なお菓子だが、飽きのこない美味しさ。
130608サクランボのクラフティ
23:58:32 | フランス菓子 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。