スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ヴァニラケーク
 2012.03.23 Fri
written by なあな♪
ヴァニラビーンズを生地にたっぷり加え、焼成後バニラの香りを移したシロップを表面にたっぷり塗って仕上げている。贅沢なケーキ。
120322バニラケーキ
※小嶋ルミさんのレシピ
スポンサーサイト
00:49:51 | フランス菓子 | comments(0)
ケーク・ウィークエンド・オ・シトロン cake week-end au citron
 2012.03.22 Thu
written by なあな♪
フランス菓子、レモン(シトロン)風味のバターケーキ。フランス語でも「週末」はウィークエンド(week-endとハイフンが入る)。糖衣(グラス・ア・ロー)をかけてピスタチオを振るのが典型的な形。
日本では何故か「ガトー・ウィークエンド」という名前で売っていることが多いが、フランスではガトーではなくケーク(英国由来の長方形型バターケーキ)の一種という扱い。
「週末」という名前の由来は、日持ちがするため週末まで食べられるとか、バカンスの際に持ち運びしやすいお菓子だからとか、英国風に紅茶と一緒に食べるお菓子だから、など様々に言われている。
レモンの爽やかな酸味が広がるしっとりとした生地にカリっと甘い糖衣、薄緑色のピスタチオが風味と歯応えのアクセントになっている。素朴ながらも美味しく食べ易いフランス菓子。
120322ケーク・ウィークエンド・オ・シトロン
00:49:14 | フランス菓子 | comments(4)
ヴァニラ・プレッツエル
 2012.03.22 Thu
written by なあな♪
レユニオン島在住のお友達に頂いたヴァニラビーンズをたっぷり使った、薫り高くコクのある、美味しいクッキー。中沢乳業のバターで。
120322ヴァニレ・ブレッツェル
00:43:37 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(2)
フルーツケーキ
 2012.03.22 Thu
written by なあな♪
年季モノの自家製ラム酒漬けフルーツをたっぷり入れたケーキ。
120322フルーツケーキ
00:22:35 | フランス菓子 | comments(0)
バース・バン bath buns
 2012.03.20 Tue
written by なあな♪
イギリス菓子、バース風菓子パン。リッチな発酵生地にドライフルーツやパールシュガーを混ぜて焼いたもの。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」でもハグリッドが小屋を訪れたハリーとロンに出したお茶菓子として登場する。武骨な外観は愛すべき半巨人・ハグリッド手製のイメージにピッタリ。しかし実際にはクッキーとパンの中間のような食感でフルーツや砂糖の食感が絶妙のアクセントになっていて、想像以上に美味しい菓子パン。物語では、それまでに出されたハグリッドの強烈なお菓子に懲りていた二人はバース・バンに手を出さなかったのだが、その味を知ったらきっと後悔したのではないか(著者はそういうニュアンスで書いていると思う)。
レモン&オレンジピールとナツメグ少々を混ぜてパールシュガーで飾った。レーズンもよく使われる。円形に成型することも多いが敢えてゴツゴツにした。尚、伝統的なレシピではトッピングはキャラウェイ・シードの砂糖漬け。
バースというと古くからの温泉地というイメージがあるが、実際に栄えたのはローマ時代の他は18世紀~20世紀前半に限られる(1978年には閉鎖され現在入浴できる施設は2006年新設のスパのみ)。バース・バンは、18世紀にウイリアム・オリバー医師が湯治客のために作ったという伝説があるが、実際には近郊の重要港ブリストルに入る新大陸産の砂糖を使って富裕な保養客向けに自然発生的に作られたと考える方が自然かと思う。
尚、17世紀発案でバース・バンの元祖だという触れ込みのサリー・ランというシンプルなブリオッシュ風バンと混同されることがあるが、こちらも1930年代に現代フランスのブリオッシュを参考に作られた創作パンだそう。
120320バース・バン
※参照レシピ:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ
16:05:14 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
インスブルッカー・トルテ
 2012.03.18 Sun
written by なあな♪
オーストリアのインスブルックの名前を冠したチョコレート・ケーキ。インスブルックは「イン川の橋」(ブルックはブリッジ)。その名の通りイン川沿いの交通の要所に古くから発達した街。旧市街にある黄金のこけら(シンデル)葺きのバルコニーが有名で、市内の老舗カフェ・ムンディングでは「シンデルン」というマジパンをアーモンドヌガーとチョコで挟んだお菓子が売られている(「シンドラーのリスト」のシンドラーは屋根葺き職人を由来とする姓)。イン川にちなむ最も有名なお菓子はエンガディン(イン川渓谷)地方のエンガディーナ・ヌストルテ(胡桃のタルト)だが、「マイスターのウィーン菓子」(八木淳司著)に「インスブルック風トルテ」が紹介されていたので作ってみた。
一見濃厚そうなチョコレート・ケーキなだが、アーモンド粉・ケーキクラム(飾りではなく中に使う)・ヴァイツェンプルファー(浮き粉に相当する小麦澱粉)が入るので、しっとりしながらほろほろと溶ける食感が印象的な一品。こちらのレシピでは入っていないが、オレンジピールなどフルーツの砂糖漬けを加えることもある。ザッハ・トルテと比べると軽めで上品な風味が良い。かなりおすすめのオーストリア菓子だと思う。
120318インスブルッカー・トルテカット
120318インスブルッカー・トルテ
16:00:33 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
ガトー・オ・ショコラブラン
 2012.03.14 Wed
written by なあな♪
ホワイトチョコレートで作ったガトーショコラにホワイトチョコのガナッシュを塗ったケーキ。とてもしっとりと上品な味わい。スイス・フェルクリン社のチョコレートで。
120314ガトー・オ・ショコラブラン
120314ガトー・オ・ショコラブランカット
※参照レシピ:
15:53:02 | フランス菓子 | comments(0)
シナモンレーズンブレッド
 2012.03.09 Fri
written by なあな♪
120309シナモンレーズンブレッド
※参照レシピ:e-パン工房
01:05:39 | パン(イースト) | comments(2)
スーパーバニラチーズケーキ
 2012.03.06 Tue
written by なあな♪
バニラビーンズをたっぷり2本使ったベークドチーズケーキ。サワークリームもたっぷり入り濃厚。バニラビーンズは、お友達から頂いたレユニオン島産のもの。とっても贅沢な味わい。
120306スーパーバニラチーズ
※藤野真紀子さんのレシピ
01:01:02 | チーズケーキ | comments(0)
真鯛のコトリヤード
 2012.03.04 Sun
written by なあな♪
cotriade de “madai”(ブリトン語ではKaoteriad) ブルターニュの伝統料理。ブリトン語のカオテル(kaoter、鍋や釜の意味)が語源と言われている。有名な南仏のブイヤベースと同様に、もともとは売れ残りの魚を鍋に放り込んで煮ただけの漁師料理。数種類の魚(穴子、鯖、鮟鱇、鱈などが多い)の筒切りを使い、貝類や甲殻類は入れないのが基本。玉葱をラードで炒めたところに水とジャガイモとブーケガルニを加えて火にかけ、魚を入れてアクを取りながら煮込めば出来上がり。レストラン等ではブイヤベースを真似てスープと魚を別皿で供す。まずスープにトーストしたバゲットを浮かべていただき、次にお魚とジャガイモはドレッシング(赤ワインヴィネガー、油、ハーブ)をかけていただく。非常に濃厚でサフランが香るブイヤベースと異なり、あっさりした味わいが特徴。魚の出汁がきいたスープはご飯にかけても美味しい。現地でも鯖や穴子単独のコトリヤードがあるようなので、今回真鯛(実家から届いた瀬戸内海で釣りあげられた真鯛)だけで作ってみた。複雑な味わいを楽しめるように頭とアラを使った。コトリヤードのドレッシングは生サラダや茹で野菜などにも使える。ブイヤベースよりも手軽に作れるのも良い。
120304コトリヤード
00:52:39 | フランス料理 | comments(0)
三色浮島
 2012.03.03 Sat
written by なあな♪
120303浮島
00:59:51 | 和菓子 | comments(0)
雛まつり
 2012.03.03 Sat
written by なあな♪
120303雛祭り寿司
120303雛型寿司
00:54:57 | 和食 | comments(0)
キャロットホテルブレッド
 2012.03.02 Fri
written by なあな♪
120302人参食パン
※参照レシピ:e-パン工房
00:51:49 | パン(イースト) | comments(0)
レンズ豆とゴーダチーズのケーク・サレ
 2012.03.01 Thu
written by なあな♪
摩り下ろした山芋入りの生地にレンズ豆(フランス・ピュイ産)の煮物とゴーダチーズを混ぜている。
120301山芋生地ゴーダレンズ豆
参照レシピ:パティスリー・サレオーブン・ミトンの塩味のお菓子―キッシュ、ケーク・サレ、パイ…の絶品!レシピ (主婦と生活生活シリーズ)
01:12:57 | フランス菓子 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。