シュトレン2009
 2009.12.27 Sun
written by なあな♪
クリスマスも過ぎて、なんとか年内に作った大好きなシュトレン。マジパン入り。ドライフルーツは、たっぷりのサルタナレーズン、オレンジピール、レモンピール(自家製)、干し柿(実家産)、アーモンド。生イースト使用。たっぷりのバターを使うリッチな生地にスパイスとバニラの香り…。とても美味しく仕上がった。
091227シュトーレン
参照レシピ:ウィーン菓子12カ月
00:46:50 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(2)
柚子のクグロフ
 2009.12.13 Sun
written by なあな♪
柚子の果汁を生地とアイシングに使用。
091213柚子のクグロフ
00:45:32 | フランス菓子 | comments(0)
ブランケット・ド・プーレ
 2009.12.07 Mon
written by なあな♪
フランス料理、鶏のホワイトソース煮込み。日本の洋食メニューで定番となったクリームシチューの元祖と言われている。ブランケットは、お肉はソテーせず野菜と一緒に煮込んでから最後に煮汁にクリームなどでとろみを付けて仕上げるのが特徴。仔牛(ヴォー)で作るのが一般的だが、今回は鶏で作った。また、マッシュルームでなくタモギタケを使っている。
似た料理にフリカッセがあるが、こちらは最初にお肉をソテーしてから煮込むという違いがある。しかし近年はブランケットもソテーすることがあったりとバリエーションが増えて両者の違いは暖味になっているそう。
とろみ付けはブール・マニエ(バターと小麦粉を炒めずに混ぜ合わせるだけ)と生クリーム。お肉と野菜の旨味がじっくりと引き出されながらも、日本のクリームシチューよりはさらっとした感じに仕上がる。
シチューと異なりホワイトソースを作らなくてよいので、一鍋で手軽に作れるのも嬉しい。寒い季節にピッタリの、しみじみと美味しさが染み込むような、美味しいフランスのおばあちゃんの味。
091207ブランケット・ド・プーレ
00:27:57 | フランス料理 | comments(0)
アーモンドバタークッキー
 2009.12.06 Sun
written by なあな♪
091206アーモンドバタークッキー
00:26:42 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する