シャルロット・ド・フロマージュ・オ・フレーズ
 2009.11.23 Mon
written by なあな♪
中身は、苺入りクリームチーズのムース。
091123シャルロット・オ・スリーズ
091123シャルロット・オ・スリーズカット
HAPPY BIRTH DAY!!
※参照レシピ:お菓子とケーキ デコレーションの基本
23:14:08 | フランス菓子 | comments(1)
パッション トルテ
 2009.11.19 Thu
written by なあな♪
パータデコールで模様を描いたビスキュイで覆われた中身は、パッションフルーツの酸味が爽やかなムース。さっぱり頂け、とても美味しいケーキに仕上がった。
091119パッションフルーツのムース
091119パッションフルーツのムースカット
参照レシピ:お菓子とケーキ デコレーションの基本
23:06:38 | その他菓子 | comments(2)
メイグ・ポロウ
 2009.11.14 Sat
written by なあな♪
イラン南部ブーシェフル地方の郷土料理、海老(メイグ)の炊き込みご飯(ポロウ)。
海老の他にハーブとドライフルーツを入れるのが一般的。ハーブはフレッシュのイタリアンパセリ・コリアンダーに、イラン産ドライハーブミックスを加え、フルーツはゼレシュク。
パラリと炊き上がったご飯(イラン産バスマティライス)に爽やかなハーブの香りと海老の風味が絡みつき、ゼレシュクの酸味がアクセントになっている。
091114メイグ・ポロウ
23:03:13 | ペルシア料理 | comments(0)
ガリエ・マヒ
 2009.11.12 Thu
written by なあな♪
イラン南部の港町の郷土料理、魚(マヒ)のハーブ煮込み(ガリエ)。ペルシア料理でハーブ煮込みと言えばゴルメ・サブジィ(羊肉と豆のハーブ煮)が有名だが、ガリエは唐辛子を入れてピリ辛にするのが特徴。また、必ずドライレモンで酸味を付けるゴルメ・サブジィと違って、タマリンドを使うことが多い。今回魚はメカジキで(カツオ、ブリ、サバなどでも可)、ハーブはフレッシュのイタリアンパセリ・コリアンダーに、イラン産ドライハーブミックス(イタリアンパセリ・コリアンダー・フェネグリーク・リーキ)を加えた。酸味はタマリンドとドライレモンを両方使用。
名前の通り様々なハーブの香りが広がる。酸味と辛味のお陰で塩は殆ど使わなくても(魚に塩をする分だけ)美味しくいただけるのも良い。
091112ガリエ・マヒ
22:57:55 | ペルシア料理 | comments(0)
柚子ケーキ
 2009.11.08 Sun
written by なあな♪
柚子をたっぷり使用した香りと酸味が爽やかなケーキ。実家産柚子。今年は大豊作だったそう。
091108柚子ケーキ
091108柚子ケーキカット
参照レシピ:コーヒータイムのお菓子―みんなに愛されてきたクーヘンとトルテの「たんかんのケーキ」を柚子にかえて。
23:17:03 | その他菓子 | comments(0)
イチジクのタルト
 2009.11.02 Mon
written by なあな♪
実家産のとても甘くて美味しい無花果をたっぷり使って。
091102イチジクのタルト
091102イチジクのタルトカット
00:57:15 | フランス菓子 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する