もち米しゅうまい
 2008.07.31 Thu
written by なあな♪
もち米(モチモチ)と具のレンコン(シャキシャキ)の食感のコントラストがよい。干しエビ、干し貝柱入りなので、旨みもたっぷり。
080731もち米シュウマイ
参照レシピ:「トリート・テーブル」の料理教室 かんたん、おいしい、おもてなし。
16:10:50 | 中華 | comments(0)
茄子のお焼き
 2008.07.31 Thu
written by なあな♪
茄子の味噌炒めとチーズ、クルミを入れたお焼き。手軽にできるが、とても美味しく頂いた。
080731茄子のお焼き
参照レシピ:藤井恵のヤサイおやつ―嫌いが好きになる
16:08:51 | 和菓子 | comments(0)
にんじんケーキ
 2008.07.31 Thu
written by なあな♪
油脂にサラダ油を使い、シナモンをしっかり効かせている。材料を混ぜるだけのお手軽ケーキだが、しっとりと翌日も美味しく頂けた。ニンジンは、分からないので、人参が苦手でも大丈夫なはず。
080731ニンジンブレッド
参照レシピ:藤井恵のヤサイおやつ―嫌いが好きになる
16:03:22 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
海老のスイートチリマリネ
 2008.07.28 Mon
written by なあな♪
茹でた海老を、スイートチリソース(今回は自家製)・ナンプラー・パクチーの茎を合わせた漬け汁でマリネしている。
080728海老スイートチリマリネ
参照レシピ:「トリート・テーブル」の料理教室 かんたん、おいしい、おもてなし。
16:00:53 | その他エスニック料理 | comments(0)
プラー・ヌン・ブイエ
 2008.07.28 Mon
written by なあな♪
タイ料理。プラー(魚)ヌン(蒸す)ブイエ(梅干)。白身魚の梅干し蒸し。
マナガツオを丸ごと蒸すのがポピュラーだが、メダイの切り身を使用。切り身に豚肉と豚背脂・梅干し・生姜を散らし、鶏ガラスープにレモン汁・ナムプラー・オイスターソースなどを加えたスープを注いでから蒸し器で蒸している。
あっさりした白身に豚肉のコクが加わり、梅干しとレモンの酸味で後味はすっきり。暑い夏にもぴったりの美味しい一品。パラリとしたタイ米のご飯にかけていただくのが合うと思う。
080728プラーヌン・ボイエ
参照レシピ:「タイ料理の魅力」(暮らしの設計)
15:57:15 | タイ料理 | comments(0)
冷やしとろとろそうめん
 2008.07.27 Sun
written by なあな♪
オクラ、刻んだ長芋に加え、卵白が入るので、とろとろ、ふわふわ!!
昆布の佃煮をレシピでは使っているが、自家製紫蘇ひじきで代用。薬味に大葉、みょうが、ネギを添えて、うんざりする暑い日にも、するすると頂ける。
080727冷トロロ素麺
参照レシピ:「トリート・テーブル」の料理教室 かんたん、おいしい、おもてなし。本では、うどん。
15:51:53 | 和食 | comments(0)
冷人参スープ
 2008.07.27 Sun
written by なあな♪
休日の朝食に。
冷たく、とろりと濃厚な人参スープと玉ねぎパイ。
080727冷ニンジンスープ
15:50:01 | フランス料理 | comments(0)
玉ねぎアンチョビパイ
 2008.07.27 Sun
written by なあな♪
じっくり炒めた玉葱の甘さとアンチョビ(自家製アンチョビこれでおしまい)の塩加減が絶妙。パイ生地もサクサク!!
080727玉葱アンチョビパイ
参照レシピ:たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子―ずっと、たいせつに楽しめる。 (AC MOOK)
15:47:25 | フランス料理 | comments(0)
花巻サンド
 2008.07.27 Sun
written by なあな♪
自家製中華蒸しパン(花巻)で、昨夜の残りの牛肉八角煮をサンド。最高の組み合わせ♪
080727花巻サンド牛八角煮
※花巻は、ウー・ウェンさんのレシピ
15:44:50 | パン(イースト) | comments(0)
牛肉の八角蒸し 半熟味つけ卵添え
 2008.07.26 Sat
written by なあな♪
牛すね肉と甘辛の調味料を容器に入れて柔らかくなるまで蒸している。八角が少ししかなかったので、アニスシードを加える。ほろほろと柔らかく火の通ったお肉、ご飯がすすむ!
080726牛八角煮
参照レシピ:「トリート・テーブル」の料理教室 かんたん、おいしい、おもてなし。
15:40:09 | 和食 | comments(0)
暑い日の朝食
 2008.07.25 Fri
written by なあな♪
冷やしとろろ汁、胡瓜の洋がらし漬け(自家製)、野菜たっぷり卯の花、しし唐の焼き浸し。
080725冷トロロ胡瓜洋辛子
15:37:50 | 和食 | comments(0)
白桃&メロンのパイ
 2008.07.25 Fri
written by なあな♪
岡山から届いた白桃をコンポートにしたものとアンデスメロンを使ったミニパイ。
ヨーグルトと生クリームを合わせたさっぱりしたクリームで、爽やか。パイ生地もサクサクに仕上がった。
080725桃とメロンのパイ
15:35:34 | フランス菓子 | comments(0)
人参2色パン@ヨーグルト酵母
 2008.07.23 Wed
written by なあな♪
プレーン生地と、人参ジュースを入れた明るいオレンジ色の2色食パン。
080723ニンジン二食パン
参照レシピ:「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる
15:33:29 | パン(自家製酵母) | comments(0)
プルクデル・クンタン
 2008.07.22 Tue
written by なあな♪
インドネシアで食べられているちょっとスパイシーなコロッケ。
プルクデルは食材を小さくしてひとまとめにして揚げたお料理を指すようだ。クンタン(ジャガイモ)が多いが、タフ(豆腐)やジャグン(トウモロコシ)のプルクデルもある。
コロッケといっても衣は付けず、軽く小麦粉をまぶして揚げるだけで、茹でたジャガイモをつぶし、牛ひき肉、ネギ、フライドオニオン、ナツメグなどが入っている。ソースはもちろんサンバル。スープに入れることもあるのだとか。衣なしのコロッケ、手軽でとても美味しい!
080722プルクデル・クンタン
参照レシピ:おいしいインドネシア料理―家庭で作る本格レシピ50選
15:26:54 | インドネシア料理 | comments(0)
盛り合わせブランチ
 2008.07.21 Mon
written by なあな♪
祝日のブランチに、ちょっと張り切って。
鴨の砂肝にんにくしょうゆ漬け/鶏そぼろ入り和風生春巻き/わかめとねぎのスープ(砂肝のゆで汁で)/トウモロコシごはん/空豆とプチトマト明太クリームチーズはさみ/味つけ半熟卵(砂肝漬け汁で)
080721砂肝生春巻他
参照レシピ(砂肝、生春巻き):「トリート・テーブル」の料理教室 かんたん、おいしい、おもてなし。
15:16:05 | 和食 | comments(0)
タフ・イシ・ダギン
 2008.07.21 Mon
written by なあな♪
インドネシア・ジャワ料理。タフ(豆腐)・イシ(中身)・ダギン(肉)。インドネシア風豆腐の肉詰め。
しっかり水切りした木綿豆腐をくり抜き、くり抜いた豆腐と挽肉、卵、野菜などを混ぜた具をその穴に詰め込んで揚げている。サンバル(自家製)をつけていただく。
油で揚げているが、メインはお豆腐でお肉はほんの少し、さっぱりとしている。甘辛酸っぱいサンバルにもよく合う。豆腐料理のバリエーションのひとつとしておすすめの一品。
※写真の扇子は、先日開催されたインドネシアフェスティバルの景品でいただく。
080721タフ・イシ
参照レシピ:おいしいインドネシア料理―家庭で作る本格レシピ50選
15:12:00 | インドネシア料理 | comments(0)
豆乳のブランマンジェ
 2008.07.20 Sun
written by なあな♪
豆乳臭さは感じられず、さっぱり、つるんと頂ける美味しいデザート。
080720豆乳ブランマンジェ
22:07:51 | フランス菓子 | comments(2)
塩味のミルクチョコケーキ
 2008.07.20 Sun
written by なあな♪
岩塩がアクセントのチョコレートケーキ。ずい分前の「料理王国」掲載の、大森由紀子さんのレシピで。
080720塩チョコケーキ
22:06:22 | フランス菓子 | comments(0)
カタイエフ
 2008.07.18 Fri
written by なあな♪
アタイエフ・・・アラブ菓子。一般的には丸いパンケーキにナッツやフルーツや乳製品を挟み、半分に折って揚げたもの。
ラマダン明けに食べるお菓子の代表で、完成品としても売られているが、パンケーキだけを買ってきて自宅で具(クルミ、ナッツ、ピスタチオ、ココナツファイン、レーズン、チーズなど)を挟んで食べることも多いそう。
今回参照にした『マイ・レバノン』のレシピは、中身が見えるように半分開けた可愛らしい外観。
フィリングは、砕いたクルミ+バター+砂糖+オレンジ花水、牛乳+砂糖+コーンスターチ+オレンジ花水、の2種類。オレンジ花水との香りがするレモンシロップを添えていただく。
080718カタイエフ
参照レシピ:Elle a table (エル・ア・ターブル) 2006年 09月号 [雑誌]
22:04:17 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
シャフリーヤ
 2008.07.18 Fri
written by なあな♪
大シリア圏(シリアだけでなくヨルダン、レバノン、パレスチナを含む)の家庭料理、お肉のヨーグルト煮込み。NHK-BS「アジわいキッチン」で紹介されたヨルダン料理「ラバニーエ・マ・ルーズ」を参考にしている。
鶏肉と玉葱・ジャガイモを水から茹で、沸騰したらスパイス(カルダモン主体でクローヴ・シナモン・アニス・コリアンダー・クミン・ナツメグ・胡椒など)とジャガイモを入れて20分ほど煮込み、煮汁を漉してチキンブイヨンと具材に分けておく。
ヨーグルトに片栗粉を混ぜ合わせ弱火で煮込み、とろみが付いて沸騰したら茹でておいた具材を加え、ひと煮立ちしたら完成。一見するとホワイトシチューなのだが、食べてみればさっぱりとしたヨーグルトの酸味の中に甘く清涼感のある複雑なスパイスの風味が広がる。
バターライスにかけていただくのが定番。中東ではお馴染みのヴァミセリ(極細ショートパスタ)を炒って加えたサフランライスにしてみた。お米はジャスミンライス。薫り高い薄い黄金色のご飯にヴァミセリの香ばしく柔らかな食感が加わってライスだけでも美味しくいただけるが、シャフリーヤをかければ旨さは倍増する。
080718シャクリーヤトマトオクラ
21:57:18 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
チョコレートのタルト
 2008.07.16 Wed
written by なあな♪
使いかけのヴァローナ社のチョコレートをやっと使い切る。タルト生地もココア入りで、濃厚で口に入れるととろける。とても美味。
080716ヴァローナチョコのタルト
参照レシピ:キャラメルとカカオのお菓子
21:54:40 | フランス菓子 | comments(0)
蜂蜜ミニ食パン@ヨーグルト酵母
 2008.07.15 Tue
written by なあな♪
蜂蜜のやさしい甘さが美味しい。
080715蜂蜜ミニ食ヨーグルト酵母
参照レシピ:おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本
21:52:15 | パン(自家製酵母) | comments(0)
カレ・ダギン・サピ
 2008.07.14 Mon
written by なあな♪
タギン・サピ=牛肉。直訳すればインドネシア風ビーフカレーだが、インドネシア料理ではカレのほかルンダンやグライも日本人の視線ではカレーに見える。
いずれもココナツミルクとスパイスでお肉などを煮込む料理。ルンダンは長時間煮込んで汁気を飛ばして濃厚なソースが絡まったもの、グライはさらっとしたスープ状でココナツの風味をしっかり残したもの、カレはその中間で煮付けのような感じ、という違いがあるよう。
今回、クンタン(ジャガイモ)を入れたカレ・ダギン・サピを参考にして作ってみた。彩にインゲンを加えバジルで飾っている。ジャガイモが加わることで「スパイシーな肉じゃが」風になる。ココナツとスパイスたっぷりだが、全体の味わいはさっぱりして夏向きの食べやすい一品。
080714カレ・ダギン・サピ
参照レシピ:おいしいインドネシア料理―家庭で作る本格レシピ50選
21:43:38 | インドネシア料理 | comments(0)
ヘルシー朝食
 2008.07.12 Sat
written by なあな♪
手前中央から時計回りに、ピクルス(紫玉葱、ニンジン)、胡瓜のクミン風味ヨーグルトサラダ、押し麦のタブレ(前夜の残り)、賀茂なすのグラタン。野菜は実家産。
080712賀茂茄子グラタン朝食
21:17:13 | その他各国料理 | comments(0)
ショルバ・ムルキーヤ
 2008.07.11 Fri
written by なあな♪
アラブ料理、モロヘイヤのスープ
ムルキーヤMouloukhieh=王様のもの。アラブ語。よく「ファラオが独占して食べていた…」と誤って書かれているが、古代エジプトではなく10世紀ファーティマ朝の時代に「この野菜は王族しか食べてはならない」とされてムルキーヤと呼ばれるようになった。
エジプトではモロヘイヤだけというレシピが多いようだが、今回はモロヘイヤのほか、コリアンダー(生)とトマト入りで作ってみた。
刻んだコリアンダー(モロヘイヤの1/2~1/3量)・塩・チキンブイヨン・塩をミキサーにかけておき、トマトを炒め、煮崩れたらコリアンダー粉とすりおろしニンニクを加える。ミキサーの中身を加えてひと煮立ちしたら刻んだモロヘイヤを加え、とろみが付くまで弱火で煮込めば出来上がり。食べるとき、レモンを絞ると爽やかで美味しい。
現地ではアラビアナンよりもバターライスやサフランライスにかけていただくのが一般的だそう。ねっとり濃厚なモロヘイヤの食感にコリアンダーの爽やかな香り、トマトの旨みが加わってなかなか美味しい。何より、元気が出そう!
080711ショルバ・ムルキーヤ
参照レシピ:『BS1 アジアクロスロード アジわいキッチン』他
※このレシピを紹介しているレストラン「パルミラ」なかなかお勧め。お料理も美味しかったが、デザートの焼き菓子とマテ茶が気に入った。
21:06:20 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
押し麦のタブレ
 2008.07.11 Fri
written by なあな♪
タブレは、中近東周辺で食べられるサラダで、クスクスが使われることが多く、パセリをたっぷりと使う。今回は、押し麦を茹でて使用。
080711押し麦タブレ
21:02:07 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
アル・パラタ
 2008.07.11 Fri
written by なあな♪
インディアン・ブレッド。
パラタは、チャパティ(無発酵全粒粉パン)にギーを加えて折りたたんで焼くものを言い、プレーンだったり、具入りだったりする。
アル(ジャガイモ)を入れたパラタを作ってみた。
ジャガイモを茹でてつぶし、みじん切り玉葱とショウガ・スパイス(コリアンダー粉・チリ粉・ガラムマサラなど)・塩を混ぜた具を、パラタに包んで焼いている。本来はタワという専用鉄板を使うのだが、グリルで焼いた。揚げ焼きにするパラタもあるが、今回は焼き上がりにバターを塗っている。
具はアル(ジャガイモ)のほか、バラク(ホウレンソウ)、パニール(インド風カッテージ)、ゴビ(カリフラワー)なども使われる。無発酵のため、生地は比較的簡単に作れることができる。具を包んで平たく伸ばしているので、具と生地が一体化してリッチでスパイシーな風味を楽しめるお勧めのインディアン・ブレッド。想像以上の美味しさで、やみつきになりそう。
080711アル・パラタ
080711アル・パラタアップ
参照レシピ:辛い料理―世界のとっておきレシピ
ポテト―COOKBOOK (COOK BOOK)
20:54:05 | インド料理 | comments(0)
エスニックミックス
 2008.07.11 Fri
written by なあな♪
夕食の献立。
080711モロヘイヤアルパラタ食卓
20:52:00 | その他エスニック料理 | comments(0)
サユール・アッサム
 2008.07.10 Thu
written by なあな♪
インドネシアのジャカルタ料理、野菜(サユール)の酸っぱい(アッサム)煮付け
酸味はタマリンドで。ガランガル、グラメラ(椰子砂糖)、トゥラシ(海老味噌)、赤唐辛子、パワンメラ(赤ワケギ)、クメリ(キャンドルナッツ)などで味を調えている。ガランガルは生姜、トゥラシはタイ産カピ、椰子砂糖は黒砂糖、赤ワケギは紫玉葱、キャンドルナッツはカシューナッツで代用。
野菜は、モロッコインゲン、トウモロコシ、カシューナッツ、茄子、トマト、ニンジン、青唐辛子を使用。インドのサンバルやラッサムが変化したようにも見えるが、野菜類も炒めずに煮るだけ。油は素材に含まれる脂肪分のみで、スパイス&ハーブのお陰で塩分も少なくて済む。
白いご飯(ナシ・プティ)にかけていただくのが美味しい。さっぱりした味わいで、暑い夏の時期ちょっと食欲がなくてもどんどん喉を通る料理。
080710サユール・アッサム
参照レシピ:おいしいインドネシア料理―家庭で作る本格レシピ50選
20:46:05 | インドネシア料理 | comments(0)
カンクン・シ・マナ・ラギ
 2008.07.09 Wed
written by なあな♪
インドネシア料理、空芯菜(カンクン)のスパイス炒め。空芯菜は実家産。ニンニクと唐辛子で油炒めにして食べるのがポピュラー。中華料理では塩味や腐乳味やオイスターソース味にして食べられ、タイ料理では魚醤(ナンプラー)と豆味噌(タオチオ)が入るのが特徴。
インドネシアでは中華風にシンプルに炒めることも多いようだが、今回参照にしたレシピは、具材としてトマトを加え、ニンニク・唐辛子・ガランガル・赤ワケギ・海老味噌(トゥラシ)・椰子砂糖・キャンドルナッツなどで味付けするバージョン。
ガランガルは生姜、トゥラシはタイ産カピ、椰子砂糖は黒砂糖、赤ワケギは紫玉葱で、キャンドルナッツはカシューナッツで代用。
シャキシャキとした歯応えの空芯菜にまとわりつくソースは複雑な風味で奥深い味わい。特にトマトのグルタミン酸の旨味が利いている。大変美味しかった!
これまた実家から届いたあまーいトウモロコシで作った、炊き込みご飯と。
080709チャ・カンクン

080709空芯菜トウモロコシ飯

参照レシピ:おいしいインドネシア料理―家庭で作る本格レシピ50選
16:36:17 | インドネシア料理 | comments(2)
| HOME | next

このブログをリンクに追加する