ベシュバルマック
 2007.12.31 Mon
written by なあな♪
大晦日。年越し蕎麦ではなく、キルギスの牛肉入り麺を作る。料理名は、「5本の指のうどん」。昔は5本の指でこの料理を食べていたことがその名の由来だとか。麺から手作り。牛肉の塊をタップリの水と一緒に1時間半ほど煮込み、汁はスープ、お肉は具となる。スープの半量で手打ち麺を茹でる為、麺にも美味しい味がつく。残りのスープで、薄切り玉葱をさっと煮て茹でた麺にかけ、刻んだ葱とディルをタップリと散らしていただく。汁は少な目の料理。のど越しの良い麺、コクはあるがあっさりとした味わいで美味しい。ディルと葱は実家から届いたもの。
071231ベシュバルマック

参照レシピ:ロシアの郷土料理―大地が育むユーラシアの味
BS1『アジアクロスロード アジわいキッチン内のレシピ』アジわいキッチン内のレシピ
01:14:19 | ロシア料理 | comments(0)
パテ・ド・カンパーニュ
 2007.12.30 Sun
written by なあな♪
田舎風お肉のパテ。フォアグラ入り。豚ロース、鶏モモ肉、合挽き肉、鶏レバー。
080105パテドカンパーニュ

参照レシピ:フランス ふだんのおそうざい―かんたんレシピとワインとチーズ
20:43:47 | フランス料理 | comments(0)
プチスイートポテト
 2007.12.30 Sun
written by なあな♪
実家産サツマイモで。毎年お節には栗きんとんを作っていたが、今回はスイートポテトにした。スライスしたさつま芋を土台にして、その上に小さく刻んだ栗をのせ、スイートポテトの生地を絞って焼いた。ひと口サイズの美味しいスイートポテトに仕上がった。
071230スイートポテト

01:07:43 | その他菓子 | comments(0)
ドイツ風グーラッシュ
 2007.12.30 Sun
written by なあな♪
ハンガリー生まれのパプリカ入りシチュー。付け合せはカルトッフェル・クヌーデル(ジャガイモ団子)。スパイスをタップリ使い、ビールでを煮込む(1時間半)のが特徴。スパイスで欠かせないのはパプリカパウダー。キャラウェイシードの清涼感ある風味もアクセントになる。仕上げにサワークリームをのせて、ソースと混ぜながら頂く。
071230ドイツ風グーラッシュ

参照レシピ:『3分クッキング 2007/12/8』
00:56:18 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
玉葱ライ麦パン
 2007.12.30 Sun
written by なあな♪
ライ麦と水を混ぜて一晩馴染ませてから生地を捏ねる。みじん切りの玉葱を最後に生地に混ぜ込む。焼成後、お湯を表面に塗るのが面白い。玉葱の風味豊かなパン。
071230オニオンライブレッド

参照レシピ:パンとお菓子の本
00:52:48 | ドイツパン | comments(0)
オレンジブレッド
 2007.12.25 Tue
written by なあな♪
卵黄タップリ、生クリームも入るリッチな生地。自家製伊予柑ピール使用。超ふんわり、しっとり、とっても美味しいパン。
071225オレンジブレッド

00:50:05 | パン(イースト) | comments(0)
ベフ・ストロガノフ
 2007.12.24 Mon
written by なあな♪
「ビーフ・ストロガノフ」と表記されることが多い為、ビーフ=牛肉だと思っていたが、ロシア語のベフ(ビーフ)=○○風、○○流の意。したがって、「ストロガノフ風」という料理名になる。
ストロガノフ風のお料理の特徴は、細切りのお肉をスメタナ(ロシアのサワークリーム)で煮込んだもの。料理名からだとお肉は牛肉でなくても良いことになるが、ストロガノフ伯爵が固くなった牛肉を美味しく食べるためにお抱えのフランス人シェフに考案させた料理、というのが広く流布している説で、やはり牛肉で作るのが美味しいと思う。
スメタナは、サワークリームで代用するレシピが多いのだが、プレーンヨーグルトと生クリーム(乳脂肪40%以上)を1対1で混ぜると本場に近い感じがでるそう。玉葱をよく炒めて甘味を引き出すこと、別名「ロシアンハーブ」と言われるディルを添えるのもポイント。きのこのピラフを添えて。
071224ビーフストロガノフ

参照レシピ:家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!
09:44:09 | ロシア料理 | comments(2)
モーンシュトレン
 2007.12.24 Mon
written by なあな♪
モーン(黒ケシの実)をペーストにしたものをたっぷりと巻き込んだシュトレン。
今年は、合計8本(4種)のシュトレンを焼いた。
071224モーンシュトーレン

00:27:51 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
クワルクシュトレン
 2007.12.24 Mon
written by なあな♪
今シーズン3度目のシュトレン。クワルク(フレッシュチーズの一種)を粉に対して10%以上使用したら「クワルクシュトレン」になるのだとか。水切りヨーグルトを15%ほど生地に混ぜ込んでみた。少ししっとりと、フレッシュチーズの香りが感じられるシュトレンに。レーズンが少なかった為、実家産干柿をたっぷりと入れる。
071224クワルクシュトーレン

00:21:21 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
ザルツブルガートルテ
 2007.12.23 Sun
written by なあな♪
下のホワイトチョコケーキと見た目は似ているが、こちらはレモンは不使用。ガナッシュクリームやシロップに使用したリキュール(グランマルニエ)の風味がアクセントとなっている。しっとり、軽くてぺろりといただけるケーキ。見た目もクリスマスの季節にピッタリ。
071223カットザルツブルガートルテ.

参照レシピ:ウィーン菓子 (1982年)
00:44:24 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
キノコのテリーヌ
 2007.12.22 Sat
written by なあな♪
エリンギ、椎茸、シメジ、舞茸、マッシュルーム使用。ベースは、鶏胸肉に卵や生クリーム。
パウンド型に入れ、オーブンで蒸焼き。
071222茸テリーヌ
00:38:24 | フランス料理 | comments(0)
レモン風味のホワイトチョコケーキ
 2007.12.21 Fri
written by なあな♪
12cmの小さなサイズで。レモン風味のスポンジの間に爽やかなレモンのクリームを塗って、ケーキの表面をホワイトチョコレートで飾る。レモンの風味とホワイトチョコは、相性ピッタリ。
071221レモンホワイトチョコ

071221カットレモンホワイトチョコ

参照レシピ:Sweet-Time
00:28:17 | その他菓子 | comments(0)
紅茶風味のメレンゲ
 2007.12.21 Fri
written by なあな♪
071210紅茶メレンゲリング

参照レシピ:“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの (生活シリーズ)
00:21:24 | フランス菓子 | comments(0)
マジパンシュトレン
 2007.12.20 Thu
written by なあな♪
今シーズン2度目のシュトレン。ローマジパンを棒状にしたものを入れて焼く。
\071220マジパンシュトレン

参照レシピ:ウィーン菓子12カ月
00:50:44 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(2)
ローラン
 2007.12.20 Thu
written by なあな♪
ロレーヌ地方の焼き菓子。卵白のみ使用。お砂糖がたっぷり入る。あとは、中力粉とバター。
071220ローランマーガレット

071220カットローラン

参照レシピ:人気ケーキ・菓子をつくる本
00:44:49 | フランス菓子 | comments(0)
ヴァニレ・ブレッツェル
 2007.12.20 Thu
written by なあな♪
バニラ風味の美味しいクッキー。棒状に伸ばした生地をブレッツェル形にする。
071220ヴァニレブレッツェル

参照レシピ:本格焼き菓子50選 (NHK出版パティスリーシリーズ (4))
00:42:08 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
チンゲンサイのタルカリ
 2007.12.19 Wed
written by なあな♪
ネパール風青菜の炒め物。大根のアチャールと(ネパールの漬け物)。野菜は実家から届いたもの。
071219チンゲン菜のタルカリ

参照レシピ:ネパール家庭料理入門―日常食ダル・バートから祭礼食マスゥ・マッツァまで
00:38:05 | ネパール料理 | comments(0)
フルーツケーキ
 2007.12.17 Mon
written by なあな♪
自家製ラム酒漬けフルーツをたっぷりと使ったケーキ。とてもよい香り。時間が経つとどんどん風味が馴染んでくるので、薄くスライスしながら変化を楽しみたい。今回は、カラメル入り。
071217フルーツケーキ

参照レシピ:
本格焼き菓子50選 (NHK出版パティスリーシリーズ (4))
00:33:56 | フランス菓子 | comments(0)
トプフェン・シュニッテン
 2007.12.16 Sun
written by なあな♪
ウィーン風焼きチーズケーキ。「トプフェン」とは、オーストリアの方言で牛乳のたんばく分を搾り集め、脂肪分を加え混ぜた白チーズのこと。レシピでは、プロマージュブラン使用だが、今回は最近お気に入りの美味しいヨーグルト(中沢製)を水切りしたものを使う。ミュルブタイク(サクサクのクッキー生地)+「トプフェンマッセ」(チーズ生地)+ビスクイットマッセ(スポンジ生地)。トップのスポンジ生地は、格子状に絞り出して粉砂糖をたっぷりふりかけて焼いている。とても美味しくて好みのケーキ。
071216トプフェンシュニッテン

参照レシピ:ウィーン菓子12カ月

♪お気に入りヨーグルト♪
2つとも高めだけれど、とても美味しい。
『中沢クリームリッチヨーグルト』微糖。とてもコクがあり、リッチな味わい。そのままで、ちょっとイイデザートになる。取扱店が限られるが、通販でも購入可。
『小岩井 プレミアムクリームヨーグルト グルメファン』 無糖。非常にクリーミーで超なめらか。スーパーでの取扱は比較的多い。     
00:11:15 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
ヴィーナー・シュニッツェル
 2007.12.16 Sun
written by なあな♪
ウィーン風仔牛のカツレツ。schnitsel=薄切り。その名の通り平べったく肉を叩いて伸ばして調理する。
パン粉は、自家製センメルをフードプロセッサーで粉にし、更にザルでふるった物を使用。油は少なめで揚げ焼きにする。パン粉に、粉チーズとパセリを混ぜた。
071216ヴィーナーシュニッツェル

00:04:51 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0)
カイザーセンメル
 2007.12.16 Sun
written by なあな♪
ドイツやオーストリアで食べられる食事パン。プレーン、モーン(黒芥子の実)、白胡麻の3種。
071216センメル

参照レシピ:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ
00:01:27 | ドイツパン | comments(0)
ムチャッダラ
 2007.12.15 Sat
written by なあな♪
シリア料理。レンズ豆の炊き込みご飯。よく炒め他玉葱と炒めた牛ミンチがトッピング。混ぜていただく。ヨーグルトサラダもご飯にかけて食べると美味しい。
071215ムジャッダラ

参照レシピ:BS1アジアクロスロード内『アジわいキッチン』
23:49:54 | その他アラブ料理・菓子 | comments(0)
アプフェル・シュトゥルーデル
 2007.12.13 Thu
written by なあな♪
シュトゥルーデルは、紙のように薄く(新聞の文字が透けて読めるくらいにと言われる)伸ばした生地で、色々な詰め物を巻き込んで焼くウィーンのお菓子。トルコ発祥と言われる。初挑戦だったが、生地も思ったよりスムーズに伸ばせた。麺棒は使わず、両手の甲に乗せるようにして持ち上げ、回しながら生地の重みで伸ばしていく感じ。今回は、リンゴ、レーズン、くるみ入り。温かい状態で頂く。
071213アプフェルシュトゥルーデル

071213シュトゥルーデル丸ごと
23:46:34 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
一日、パン焼き
 2007.12.10 Mon
written by なあな♪
この日はお菓子も焼く。オーブン、フル稼働。
071210並べて

23:47:38 | パン(イースト) | comments(2)
ブフテルン
 2007.12.10 Mon
written by なあな♪
ウィーンの発酵菓子。Buchteln「Buch」は本の意。表面の形が本の背表紙に似ていることが名前の由来。温かいヴァニラソースを添えるのが定番の食べ方だそう。ソースを煮詰めすぎたか、カスタードクリームのようになってしまった。
071210ブフテルン全景

071210ブフテルンUPバニラソース

参照レシピ:マイスターのウィーン菓子
17:07:20 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
牛乳パン
 2007.12.10 Mon
written by なあな♪
071210ミルクパン

参照レシピ:少しのイーストでゆっくり発酵パン?こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
00:40:47 | パン(イースト) | comments(0)
田舎風くるみパン
 2007.12.10 Mon
written by なあな♪
一晩冷蔵発酵。ライ麦入りでしっかりとした噛み応えのあるパン。
071210田舎風ライ麦胡桃パン

参照レシピ:パンとお菓子の本
00:38:41 | パン(イースト) | comments(0)
ヌス・ボイゲル
 2007.12.09 Sun
written by なあな♪
ウィーンの発酵菓子。チェコスロバキア由来といわれる。Nuss=ナッツ、beugel=折り曲げた形の袋。クルミパウダー、牛乳、バター、ケーキクラム、砂糖、蜂蜜、ラム酒、シナモン、レモン皮を混ぜたフィリング入り。
水平ヌスボイゲル

参照レシピ:ウィーン菓子12カ月
23:47:35 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
豚肉のリエット
 2007.12.09 Sun
written by なあな♪
初リエット!豚ばら肉、肩ロース肉と香味野菜を白ワインと香辛料に一晩漬けて、翌日お肉だけフライパンで焼き付け、漬け込んでいた野菜と共に2時間くらいじっくり形がくずれるまで煮込む。あとは、フードプロセッサーにかけてなめらかにする。時間はかかるが、美味しいリエットが家庭でも出来る。
071209食卓豚リエット

16:59:22 | フランス料理 | comments(0)
全粒粉入りプチパン
 2007.12.09 Sun
written by なあな♪
071209長時間テーブル丸パン

参照レシピ:少しのイーストでゆっくり発酵パン?こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
16:56:32 | パン(イースト) | comments(0)
| HOME | next

このブログをリンクに追加する