スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ダルバート・タルカリ
 2007.09.29 Sat
written by なあな♪
ネパールの日々の食事。ダル=豆のスープ、バート=炊いたご飯、タルカリ=野菜カレー(広義でおかずの意)。ハヤトウリ・茄子・オクラのカレー、キマメのスープ、ハヤトウリのアチャール(ネパール風漬物)、水茄子のアチャール。野菜のほとんどは、実家から届いたもの。野菜だけだが、スパイシーで物足りなさはない。食器は、1年程前合羽橋で購入したものを初使用。
070929ハヤトウリでダルバート

スポンサーサイト
00:24:13 | ネパール料理 | comments(2)
スティックチーズケーキ
 2007.09.28 Fri
written by なあな♪
070928チーズスティックケーキ

参照レシピ:ちっちゃなチーズケーキのレシピブック / 黒川 愉子
00:26:28 | チーズケーキ | comments(0)
みょうがの甘酢漬け
 2007.09.27 Thu
written by なあな♪
実家から大量に届いた、大きくて立派な茗荷!!下の写真の倍量ほど届いた。甘酢漬けにしたら、なんともいえないキレイな色に染まった。
070927茗荷甘酢漬

070926茗荷生

00:22:18 | 野菜・果物 | comments(0)
きゅうりのピクルス
 2007.09.27 Thu
written by なあな♪
胡瓜も沢山実家から届いた。新鮮なうちに食べきれそうにないので、ピクルスに。市販のものと比べ、かなり甘さ控えめ。さっぱりと、とても美味しくできた。塩漬けにした胡瓜をピクルス液(りんご酢と白ワインビネガーを合わせ、塩、ローリエ、唐辛子、マスタードシード、クローブ、白粒胡椒など)に漬けた。
070927自家製ピクルス

00:17:03 | 野菜・果物 | comments(0)
生唐辛子
 2007.09.27 Thu
written by なあな♪
実家から届いた沢山の唐辛子。とても辛いので、半分入れれば十分。
070927唐辛子各種

00:13:23 | 野菜・果物 | comments(0)
ハヤトウリ
 2007.09.27 Thu
written by なあな♪
隼人瓜。実家で作ったもの。一本植えただけで、大量に実がなるそう。クセがなく、色々な調理に向きそう。ツルを炒めて食べると、とても美味しい。(写真下・昨年作ったもの)
070927ハヤトウリ

060913ハヤトウリ炒め

00:06:27 | 野菜・果物 | comments(0)
茸のクリームスープ
 2007.09.26 Wed
written by なあな♪
朝食に。4種のキノコ(椎茸、シメジ、舞茸、マッシュルーム)を甘味が出るように炒めた玉葱と一緒にブイヨン&牛乳で煮て、ミキサーにかけている。トッピングは、ソテーしたマッシュルームとカリカリベーコン、自家製クルトン(先日作ったイングリッシュマフィンで)。食べると、凝縮された茸の香りがいっぱいに広がり、トッピングの食感も楽しめる贅沢な味わい。
070926茸のポタージュ

レシピ参照先:『家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集
23:19:19 | フランス料理 | comments(0)
野菜便@070926
 2007.09.26 Wed
written by なあな♪
実家から届いた晩夏&秋野菜。
070926実家野菜

茗荷、巨峰、胡瓜3種(太、四葉)、なす3種(長、加茂、水)、トマト、ハヤトウリ、生唐辛子、オクラ、ピーマン、伏見唐辛子、黄パプリカ、ヘチマ、南瓜2種(えびす、うずら)、モロヘイヤ、栗、アスパラ、バジル、ニラ、青ネギ、紫蘇の実佃煮
23:09:29 | 野菜・果物 | comments(0)
ポークソテーとりんごのメープルソース
 2007.09.25 Tue
written by なあな♪
フランスでメープルシロップが使われるようになったのは、最近のことだそう。相性のよい林檎と豚肉の組合せに、メープルの独特な風味が加わり、とっても美味しい。また、調理にオイルは使わない。豚肉を立てるようにして脂身部分をフライパンに押し付けて、脂が滲み出てきたら両面を焼く。そして何よりも、短時間でできるのが嬉しい。手際よくつくれば、20分もあればこの一皿は出来上がる。本のタイトルどおり、まさに「ふだんのおそうざい」だ。それに、今回は特売のお肉を使ったので、林檎とお肉を合わせても一人前150円くらい。安くて、早くて、旨い!!晩ご飯でした。
070925豚林檎メイプルソース

070925食卓豚林檎メイプルイングリッシュマフィンとラタトゥユ
参照レシピ:フランス ふだんのおそうざい―かんたんレシピとワインとチーズ / 大森 由紀子
00:08:57 | フランス料理 | comments(0)
イングリッシュマフィン@ヨーグルト酵母
 2007.09.25 Tue
written by なあな♪
中秋の名月。関係ないけれど、丸いマフィン。
070925イングリッシュマフィンヨーグルト酵母

 続きを読む

00:03:02 | パン(自家製酵母) | comments(0)
栗・マッシュルーム・ベーコンのパイ包み焼き
 2007.09.24 Mon
written by なあな♪
秋の山の幸をたっぷり使った一品。実家から届いた栗を使う。パイ(冷凍シート)の中身は、ほうれん草と栗をの上にマッシュルームやベーコンなどを入れたクリームソースを乗せて包んでいる。付け合せは、茸とローストクルミをさっと炒めたもの。パイにナイフを入れると、香りのよい湯気が立ち昇り、シアワセ♪休日のブランチに。
070924栗茸ベーコンパイ包焼

070924カット栗茸ベーコンパイ包焼

レシピ参照先:『家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集
23:43:39 | フランス料理 | comments(0)
巨峰のフラン
 2007.09.23 Sun
written by なあな♪
実家産巨峰で。本当は「タルト・レザン」を作るつもりが、失敗したので途中で変更。
070923巨峰のフラン

23:40:45 | フランス菓子 | comments(0)
なすと茸のシャルロット
 2007.09.23 Sun
written by なあな♪
実家から届いたロング茄子使用。茄子で包んで焼いた中身は、鶏ミンチと茸類(椎茸、シメジ、舞茸、エリンギ、マッシュルーム)。ソースもみじん切りにした茸がたっぷり!!丁度良いサイズのココット型がなかったため、小さいスポンジ型(直径9cm)使用。茄子を均等な薄さに切るのに苦労した。手間は少しかかるが、難しい調理ではなく、見栄えがよく、とても美味しい。飾りのパルメザンチーズ(粉)をフライパンでカリッと焼いたものも、それだけでおつまみによさそう。
070923茄子と茸のシャルロット

070923カット茄子茸シャルロット

レシピ参照先:『家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集
23:26:00 | フランス料理 | comments(0)
エッグプラント・ウィズ・コリアンダー
 2007.09.21 Fri
written by なあな♪
エッグプラント=茄子。茄子とコリアンダーのカレー。生のコリアンダー(香菜、パクチ)をペーストにして使う。2束分たっぷりと。ベジタリアンなカレーだが、スパイスとコリアンダーの風味で物足りなさはない。胡瓜のクミン風味ヨーグルトサラダと。
070921茄子春菜ポリヤル

070921胡瓜クミンヨーグルトサラダ

参照レシピ:「カレー」10分でできる南インド料理―インド大使館秘伝珠玉のカレーレシピ60 / ベーガム アクタル
「サラダ」ハーブ&スパイスの地中海料理ノート―香りのごちそう通信 / パトリス ジュリアン
23:16:43 | インド料理 | comments(0)
冷製カッペリーニのジェノベーゼ
 2007.09.21 Fri
written by なあな♪
ランチに。極細パスタ「カッペリーニ」と出来たてバジルペーストで。
070921ジェノベーゼ冷カッペリーニ

20:09:07 | イタリア料理 | comments(0)
バジルペースト
 2007.09.21 Fri
written by なあな♪
実家から届いた、新鮮で元気のよいバジル。
松の実、自家製アンチョビ、オリーブオイル、パルメザン、塩をミキサーにかけてペーストに。きれいなグリーンで香り高いペーストに仕上がった。
070921ジェノバペースト自家製

20:06:21 | イタリア料理 | comments(0)
ナーベラーンブシー
 2007.09.20 Thu
written by なあな♪
沖縄料理。実家から届いたヘチマ(ナーベラー)と豚肉の味噌煮込み。炒めて、蒸し煮するとへちまからどんどん水分が出てくる。飽きない味でご飯のおかずにぴったり。ヘチマは、全くクセの無い野菜で食べやすい。
070920ナーベラーブシ

20:01:38 | 和食 | comments(0)
ティータイムに
 2007.09.19 Wed
written by なあな♪
アップルパイと松の実入りスノーボール。
070919アップルパイ松実クッキー

19:59:45 | その他菓子 | comments(0)
牛肉の赤ワイン煮
 2007.09.19 Wed
written by なあな♪
十分に煮詰めた赤ワインに、焼き目をつけた牛肉と香味野菜などを入れてじっくりと煮込む。赤ワイン煮は、これまでにも作った事はあるが、ワインを煮詰めて作る方法は初めて。ソースがなかなかよい色に仕上がった。本当に、レストランで食べるようなお味だった♪
070919牛赤ワイン煮

参照レシピサイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集
01:00:05 | フランス料理 | comments(2)
おやつにクッキー
 2007.09.17 Mon
written by なあな♪
キャラメルクッキー&黒糖とクルミのクッキー
070917カトラリーキャラメルクッキー

00:58:18 | フランス菓子 | comments(4)
コーン&玉葱パン@ヨーグルト酵母
 2007.09.15 Sat
written by なあな♪
コーンとスライス玉葱をのせて、マヨネーズ、胡椒をふりかけて焼いた、ボリュームのあるパン。生地は、モッチモッチ。
070915コーン玉葱ヨーグルト酵母縦

パン生地レシピ参照:おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本 / 佐原 文枝
00:55:03 | パン(自家製酵母) | comments(0)
肉入りドラーニキ
 2007.09.10 Mon
written by なあな♪
ベラルーシ・ウクライナなどで食べられるジャガイモ料理。
摩り下ろした生のジャガイモと卵を混ぜた生地で、挽肉入り具を挟むようにフライパンで焼いている。生地は、香ばしく、もっちりしている。そのまま食べると、ポテトコロッケに似ているが、サワークリームを添えてて頂くので、それらしい味わいである。見た目はさえないが、なかなかの美味しさ。
070910肉入りドラニキ

参照レシピ:ロシアの郷土料理―大地が育むユーラシアの味 / 荻野 恭子
13:35:06 | ロシア料理 | comments(0)
ナスのクルミペースト添え
 2007.09.10 Mon
written by なあな♪
クルミの産地、グルジアの夏のサラダ。スライスしてソテーした茄子でクルミペースト巻いたもの。クルミペーストは、豆のスパイス、フェネグリーグの香りが特徴的。他に、ニンニク、サフラン、コリアンダー(生)、玉葱などが入る。
070910茄子クルミペースト添

参照レシピ:ロシアの郷土料理―大地が育むユーラシアの味 / 荻野 恭子
13:28:42 | ロシア料理 | comments(0)
夏野菜のパイ・トマトソース
 2007.09.08 Sat
written by なあな♪
生のトマトで作ったソースをパイ生地に敷いて、ソテーしたズッキーニと茄子、トマトを綺麗に並べて焼いたパイ。パイ生地は、冷凍していた練りパイ生地を使う。なかなかきれいに焼きあがり、嬉しくなった。食べるとき、トマトソースを添える。
070908ズッキーニ茄子のパイトマトソース

参照レシピ:コチラ
20:28:34 | フランス料理 | comments(4)
ぶどうのゼリー、ヨーグルトクリームソース
 2007.09.07 Fri
written by なあな♪
葡萄ジュースで作ったゼリーの上に、生クリームとヨーグルトを合わせたソースをかけ、皮をむいたデラウェアの実をたっぷりのせる。3つの風味を味わえる、爽やかで美味しいデザート。
070907葡萄ゼリー

参照レシピ:こちら
20:23:46 | その他菓子 | comments(0)
チキンのサフランライス添え
 2007.09.07 Fri
written by なあな♪
野菜と鶏肉(腿肉と手羽先)を炒めてサフランなどを加えてしばらく煮込んだら、お米(タイ米使用)を入れて炊く。チキンのスープを吸ったサフランの香り高いライスが美味。食べるとき、グリュイエールチーズをふりかける。炊込みピラフのような料理。
070907チキンのサフランライス添

参照レシピ:南仏プロヴァンスの家庭料理ノート / パトリス ジュリアン
20:15:03 | フランス料理 | comments(0)
フロマージュ・ブランのケーキ
 2007.09.05 Wed
written by なあな♪
フロマージュブランにクリームチーズを少し合わせるケーキ。使い残しのサワークリームも少し加える。底と側面は、タルト生地。参考にしたレシピではメレンゲを飾って焼いているが、冷凍庫にあったクランブル生地をトッピングして焼いた。ホロッとしてレモンが香る生地にラムレーズンがアクセント。
070905タルトフロマージュブラン

参照レシピ:タルトの多様性―シンプルだが深い基本フランス菓子 / 岡村 尚之『タルト・フロマージュ・ブラン』
23:23:03 | フランス菓子 | comments(0)
さんまのつみれマリネ
 2007.09.02 Sun
written by なあな♪
レシピでは鰯を使っているが、鰯がお店になかった為、旬の秋刀魚で。
お刺身にもできる活きの良いサンマだった。包丁で叩いて、ミンチに。つみれには、ニンニク、パセリ、スパイスがたっぷり。揚げ焼きして火を通したら、スパイス(パプリカ、クミン、カイエンヌなど)たっぷりのマリネ液に漬けてよく味を馴染ませてから頂く。レシピにはないが、スライス玉葱と湯剥きしたプチトマトも一緒にマリネ。スパイス効果で魚の臭みもなく、大変に美味しかった。魚を叩くのがちょっと面倒だが、また作りたい。
さんまつみれのマリネ

参照レシピ:お鍋でフランス料理―ビストロの味、田舎の味 / パトリス ジュリアン
23:13:09 | フランス料理 | comments(0)
ヨージキ
 2007.09.01 Sat
written by なあな♪
ロシア風ミートボール。「ヨージキ」とは、ハリネズミ。ミートボールの生地に生米を入れて煮込むが、火が通ると団子の周りに針を刺したように米が出てくる様子がハリネズミのように見えることから由来。
トマト水煮と一緒に煮込み、食べるときにサワークリームとディルを添えるのもロシアっぽい。コクがありながら、トマトとサワークリームの酸味が効いていい感じ。
冷トウモロコシポタージュ、サーモン巻きクリームチーズ、ポテトサラダコンキリエ詰。
ヨージキ

食卓ヨージキ他

参照レシピ:家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい! / 荻野 恭子、沼野 恭子 他
22:58:57 | ロシア料理 | comments(0)
| HOME |

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。