戻りがつお
 2006.08.31 Thu
written by なあな♪
特売の戻り鰹をお刺身と磯部巻きに。
その他、カボチャとササゲのサラダ&人参の胡麻和え。
060831戻り鰹

大きな柵だったので、翌日残りを叩いて味噌や薬味で味付けしてハンバーグ風に丸めて焼いて食べたら、美味しかった。
00:10:07 | 和食 | comments(0)
紅茶のスティックチーズケーキ
 2006.08.30 Wed
written by なあな♪
アールグレイ風味のベークドチーズケーキ。レシピでは、紅茶液と葉も入れるが、葉を省いた代わりに紅茶のリキュールを加える。
思ったほど紅茶の香りはしなかったが、美味しく頂けた。
060830紅茶のスティックチーズケーキ

参照レシピ本:4つの季節のシンプルチーズケーキ / 石橋 かおり
22:03:03 | チーズケーキ | comments(0)
アボカドのレアチーズケーキ
 2006.08.30 Wed
written by なあな♪
全く砂糖が入らないケーキ。味見を楽しみにしていたが、食べてガックリ…。間の抜けたような、物足りなさでいっぱいだった。
レシピどおりだが、やはり甘味があったほうが良い。メープルシロップをたっぷりかけて食べると、少しはマシになった。ムースタイプのレアチーズで、食感だけはよかった。あぁ、残念!
060830アボカドレアチーズ

参照レシピ本:4つの季節のシンプルチーズケーキ / 石橋 かおり
19:53:51 | チーズケーキ | comments(0)
南瓜のニョッキ チーズクリームソース
 2006.08.28 Mon
written by なあな♪
裏漉しカボチャ入りのニョッキ。水分多めのカボチャだった為、かなりべとつき、粉を何度も追加しながらこねた。
ソースは、玉葱とベーコンを炒め、ブルサン(ポワブル)と生クリームを適当に混ぜたもの。もっちりしたニョッキと濃厚なソースの組合せ、美味しい♪
060828南瓜ニョッキ

12:00:16 | イタリア料理 | comments(0)
グレープフルーツ&オレンジのミルクレアチーズ
 2006.08.28 Mon
written by なあな♪
コンデンミルク入りのレアチーズケーキ。グレープフルーツとオレンジを中とトップにたっぷり使ったデザート向きケーキ。
12cmの小さな型で作ったのだが、フルーツは普通にカットして乗せた為、ケーキのサイズからはみ出して、ちょっぴり不恰好な飾り付けに…。
お味としては懐かしい風味で、もう少し違うタイプのレアチーズが好み。
060828グレープフルーツレアチーズケーキ

参照レシピ本:4つの季節のシンプルチーズケーキ / 石橋 かおり
11:48:55 | チーズケーキ | comments(0)
スパイス風味のカボチャパン
 2006.08.27 Sun
written by なあな♪
裏漉しカボチャを練りこんだパン。シナモン、ナツメグ、胡椒などのスパイス入り。カボチャの種を中にも混ぜ込み、飾りにも使用。
綺麗に南瓜の黄色が出た。そのままでもよいが、トーストしてバターとメープルシロップを塗って食べても美味♪
060828カットスパイス南瓜パン

060827スパイス南瓜パン

参照レシピ本:パンの学校―毎日食べたいフランス風パン / パトリス ジュリアン
21:36:23 | パン(イースト) | comments(0)
まるごと烏賊ご飯
 2006.08.27 Sun
written by なあな♪
新鮮なイカの身だけでなく、ワタや墨まで使った炊き込み御飯。
臭みなどは全くなく、とてもコクがあって美味しい。又、作ってみよう。
その他、南瓜(えびす)の千切りサラダ、菊カボチャの煮物、明太卵焼きなど。
060827烏賊ご飯他

21:29:59 | 和食 | comments(0)
ココナッツパンプキンプリン
 2006.08.25 Fri
written by なあな♪
裏漉したカボチャとココナッツミルク入りプリン。ココナッツとカボチャの相性もバッチリ、滑らかで美味しいプリンに。
飾りは、ココナッツロングをオーブンで香ばしくローストしたもの。
060825ココナツパンプキンプリン

参照レシピ本:『石井麻里の世界お菓子ノート』
14:35:25 | エスニック菓子 | comments(0)
角煮
 2006.08.25 Fri
written by なあな♪
あっさりめの角煮。
豚ばら肉ブロックを油を引かずにフライパンで焼き目をつけ、少しゆでてから、更に2時間ほど蒸している。この下処理で脂はかなり落ちて、お肉もとろとろ柔らか~。
半熟卵とたっぷりのニラ(一人当り1把強!)、オクラを添えて。野菜は実家から届いたもの。
060825豚角煮

14:28:59 | 和食 | comments(0)
自家製アンチョビ
 2006.08.23 Wed
written by なあな♪
新鮮なひしこいわし(片口いわし)が1パック98円で売られていた。
以前から作ってみたかった自家製アンチョビを仕込んでみる。
 ・ひしこいわし 約25尾
 ・塩      1C強
頭と内臓をとって、手開きにしたイワシの両面にたっぷりの塩をまぶす。密閉容器に入れて、1ヶ月保存。その後、オリーブオイル漬け。

参照レシピ本:イタリア料理が好き。 / 加藤 美由紀
20:52:36 | イタリア料理 | comments(2)
ヘチマ入りラタトゥユの献立
 2006.08.23 Wed
written by なあな♪
ヘチマが沢山あるので、ズッキーニの変わりにラタトゥユに入れてみた。
クセがないので、予想通りラタトゥユにもピッタリ。煮込むほどに水分がでてくる為、全く水分を加える必要もなし。
もう一品は、ホタテの和風カルパッチョ。柚子胡椒入りドレッシングと和の香味野菜(青ねぎ、冥加、青ジソ)をたっぷり使用。
060823食卓ラタトゥユカルパッチョ

20:41:51 | フランス料理 | comments(0)
サワーケーキ
 2006.08.23 Wed
written by なあな♪
夏にも美味しい焼き菓子。バターの量を半分に減らし、その分サワークリームが入る。焼成後、表面にアンズジャムを塗る。
冷蔵庫で冷やして、冷たいまま食べても美味しい。クセになるお味。
060823サワーバターケーキ

060823カットタワーバターケーキ

参照レシピ本:『石井麻里の世界お菓子ノート』より
20:30:38 | フランス菓子 | comments(0)
コーンマフィン
 2006.08.23 Wed
written by なあな♪
たまたま材料が揃っている時にだけ作るマフィン。
コーンフラワーが約3割とサワークリームが入り、なかなか美味しくてお気に入り!
ホロホロッとした独特の食感。おやつにも軽食にもぴったり。
060823コーンマフィン

参照レシピ:Sunny's Laboratoryより
20:22:29 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0)
カボチャの折込パン
 2006.08.22 Tue
written by なあな♪
自家製マロンシートを折り込んだカボチャパン。
水分の多いカボチャだったが、シートを作る際レシピどおりの水分量で調整しなかった為、柔らかめのシートになった。折込時、生地からカボチャがはみ出したりと大変だったが、焼き上がりはまずまずで、ホッ。
カボチャの甘味と程よく香るシナモンがアクセントとなって、美味しかった。
060822パンプキンロール

参照サイト:tara's Minfa Note掲載のレシピ
11:57:43 | パン(イースト) | comments(0)
ナーベラーンブシー
 2006.08.22 Tue
written by なあな♪
沖縄料理。へちま(ナーベラー)と豚肉の味噌煮。へちまは、なかなかお店で見かけることはなく、たまに見つけても鮮度が落ちているものが多い。それにそんなに安くない。でも、今年は実家の父に頼んで植えてもらったのでいつもと違ってふんだんにヘチマを使うことができた。ヘチマは、煮込むと水分がでてきて、クセのないとろりとした口当たり。同じく沖縄料理でよく使われるゴーヤは、好き嫌いが分かれると思うが、へちまはとても食べやすい。
060822ナーベラーブシ

060822ヘチマ

11:30:05 | 和食 | comments(0)
野菜便@060822
 2006.08.22 Tue
written by なあな♪
実家の父が作った夏野菜が届く。
060822実家野菜

トマト(大中小)、ジャガイモ(デジマ)、青ジソ、冥加、冥加の甘酢漬け、ニラ、葱、長茄子、大胡瓜、かぼちゃ(恵比寿、うずら、菊、芳香)、へちま、プリンスメロン、緑パプリカ、ピーマン、オクラ、万願寺唐辛子、赤タマネギ
※写真は一部
11:01:06 | 野菜・果物 | comments(0)
坊ちゃんカボチャの肉詰め蒸し
 2006.08.21 Mon
written by なあな♪
060821坊ちゃん南瓜肉詰

00:28:34 | 和食 | comments(0)
チーズバタートップ
 2006.08.20 Sun
written by なあな♪
刻んだプロセスチーズを巻き込んだバタートップ。
柴芋パウダーも混ぜ込んだが、量が少なかったのか殆ど色づかず。
060820チーズバタートップ

参照レシピ本:手づくりパン教室―講師養成講座 / 加賀田 昭枝
22:22:14 | パン(イースト) | comments(0)
カボチャのベークドレアチーズケーキ
 2006.08.19 Sat
written by なあな♪
焼いているのにとっても滑らかな口当たり。
焼きあがったら、トップにサワークリームを流して表面を乾かす程度に焼く。
この酸味がアクセントに。カボチャの皮で飾りつけ。
060819カボチャのベイクドレアチーズケーキ

参照レシピ本:シンプルスタイルのチーズケーキ―かんたんでおいしいレシピ36 / 石橋 かおり
22:16:35 | チーズケーキ | comments(0)
カボチャのプリン
 2006.08.19 Sat
written by なあな♪
底のカラメルソースと一緒に食べると美味!
060819カボチャのプリン

22:11:33 | フランス菓子 | comments(0)
カボチャのアイス
 2006.08.19 Sat
written by なあな♪
実家から届いた大きなカボチャ1個をオーブンで焼いて全てペーストにした。
それを使った、とっても濃厚なアイスクリーム。
固めた後、フードプロセッサーで空気を入れて滑らかに。
060819カボチャのアイス


分量メモ

 続きを読む

22:00:35 | フランス菓子 | comments(0)
スパイシー魚のカレー
 2006.08.19 Sat
written by なあな♪
マチュリ・カリア
ターメリックと塩をまぶしたメカジキを軽くソテーして、スパイスやヨーグルト等をいれて煮る。タマネギ、生姜、ニンニク、トマトをピューレ状にしたものも一緒に加える。あまりに過ぎないように、短時間で仕上げる。
060819マチュリ・カリア(スパイシーフライドフィッシュ)

参照レシピ本:
アジア食文化紀行 インド料理―マサーラー王国の食をきわめる / ジャズイット ピュアワル、ジェニファー ブレナン 他
13:59:58 | インド料理 | comments(0)
インド風豆入り雑炊
 2006.08.19 Sat
written by なあな♪
キチュリ
バスマティライスとキマメをシナモンスティック、カルダモン、クローブと共に煮込む。
柔らかく煮えたら仕上げに、油で熱したクミン、ターメリック、ガラムマサラを混ぜいれて出来上がり。程よいスパイスの風味で、優しい味。
060819キチュリ

参照レシピ本:アジア食文化紀行 インド料理―マサーラー王国の食をきわめる / ジャズイット ピュアワル、ジェニファー ブレナン 他
13:52:40 | インド料理 | comments(0)
ジャガイモ入りツォップ
 2006.08.18 Fri
written by なあな♪
マッシュしたじゃが芋を練りこんだ編み込みパン。
じゃが芋効果か、もっちりと弾力がある生地。
レシピどおりだったが、少し塩気が少なめ。あまり味のないパンだった。
060818塩味三つ編みパン

060818カット塩味三つ編みパン

参照レシピ本:伝統と新しさ 本場ドイツパン入門―健康な毎日のためのパン作り / グラフェウントウンツァー、 他
13:45:38 | ドイツパン | comments(0)
アインバック
 2006.08.15 Tue
written by なあな♪
Einback ソフト系ドイツパン。卵黄、多めのバターが入ったフワフワのパン。
小さな棒状に成形した生地をつなげて一つのパンに焼き上げ、手でつなぎ目をちぎってから食べる。トッピングは、黒けしの実(ブルーポピーシード)
060815アインバック

参照レシピ本:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
09:33:46 | ドイツパン | comments(0)
抹茶の糖華焼き
 2006.08.15 Tue
written by なあな♪
抹茶入りビスキュイ生地をひと口サイズに絞って焼き、クリームチーズ入り白餡をサンドしたもの。和洋折衷なお菓子。
060815抹茶ビスキュイ白餡クリーム

参照レシピ本:ほんのひと口、しあわせ和菓子 / 松井 ミチル
09:30:04 | 和菓子 | comments(0)
カスタニエンベルグ2
 2006.08.14 Mon
written by なあな♪
ウィーン風モンブラン。前回納得のいく出来ではなかったので、再チャレンジ。
昨シーズン、実家より届いた栗で作ったマロンペーストが残っていたのをやっと使い切った。でも、もう一ヶ月もすれば栗のシーズンに…。
美味しいケーキなので、今年の栗でも作ってみたい。
060814カスタニエンベルグ2

21:03:49 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
アーモンド風味のメレンゲ
 2006.08.13 Sun
written by なあな♪
このお菓子を作るのは、2度目。冷凍庫にたまった卵白を消費する為もあるが、とっても美味しい♪。このメレンゲの特徴は、外はサクッ、中はふんわり柔らかいまま。このレシピで初めてこんなメレンゲ菓子があることを知った。
材料は、卵白、砂糖、アーモンドといたってシンプル。卵白の約2倍量の砂糖が入るので、しっかりと甘い。メレンゲは、熱くなるくらいまで湯煎にかけながら泡立て、火から降ろして完全に冷めるまで泡立て続けるのでなかなか大変。(スイスメレンゲ)
焼き時間は、120度で約1時間。結構手間のかかるお菓子なのだ。
060813アーモンド風味のメレンゲ

参照レシピ本:パンの学校―毎日食べたいフランス風パン / パトリス ジュリアン
20:49:50 | フランス菓子 | comments(0)
ブランチにインド料理
 2006.08.13 Sun
written by なあな♪
野菜中心のインド料理。使った野菜はほとんど実家から届いたもの。
この1回の食事で、一人あたり500g超の野菜を摂取!
それにしても、沢山の種類の料理を1度に作るのは大変…。
060813インド食卓

参照レシピ本:アジア食文化紀行 インド料理―マサーラー王国の食をきわめる / ジャズイット ピュアワル、ジェニファー ブレナン 他
カレーとインド料理 / リンダ フレイザー
それぞれの料理の写真↓

 続きを読む

15:10:28 | インド料理 | comments(0)
トプフェントルテ
 2006.08.11 Fri
written by なあな♪
ウィーン風ベークドチーズケーキ。
フロマージュブラン使用のスフレタイプ。
底はクッキー生地、チーズ生地を型に流したら、ビスキュイ生地を絞って焼いている。サルタナレーズン入り。
程よい酸味と、クッキーとスポンジの食感を楽しめる優しい味わいのチーズケーキ。
060811トプフェントルテ

060811カットトプフェントルテ

参照レシピ本:
ウィーン菓子12カ月 / 高山 厚子
20:52:02 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0)
| HOME | next

このブログをリンクに追加する