ラプスカウス
 2006.06.30 Fri
written by なあな♪
ドイツ北部の郷土料理。
本来は、船の上でありあわせの材料をぶち込んで混ぜたもの。コンビーフとマッシュポテトとビーツを混ぜた本体に、目玉焼きを乗せ、酢漬けニシンの巻き物(Rollmopse)・ビーツ・ピクルスを添えるのが定番。
ビーツが入る為、色合いがすごいですが、コーンビーフを入れたポテトコロッケの中身のようなお味。コハダの酢漬けで代用。
060630ラプスカウス

23:50:15 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
新生姜のチーズムース
 2006.06.30 Fri
written by なあな♪
軽くシロップで煮た新生姜のすりおろしをたっぷり入れるケーキ。爽快な清涼感を味わえる、ちょっと不思議なお菓子。もう少し、生姜を減らしてもよいかも。みじん切りにした生姜のシロップ煮を飾りにも使用。
060630新生姜チーズムース

数年前の3分クッキングのレシピ参照
カットしたところ↓

 続きを読む

23:43:50 | フランス菓子 | comments(0) | trackbacks(0)
ピンクのポタージュ
 2006.06.30 Fri
written by なあな♪
ランチに作ったビーツ入りジャガイモのポタージュ。ほんの少しビーツを入れるだけで、綺麗なピンク色に。見た目はビックリだけど、お味は普通のポタージュ。
060630ビーツポタージュ

23:37:15 | その他各国料理 | comments(0) | trackbacks(0)
パン・コンプレ
 2006.06.29 Thu
written by なあな♪
グラハム粉の割合が多いパン。
060629パンコンプレ

参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
02:20:45 | フランスパン | comments(0) | trackbacks(0)
シュプフヌーデルン&ステーキ
 2006.06.29 Thu
written by なあな♪
シュヴァーベン地方の郷土料理。マッシュしたジャガイモと卵、小麦粉を混ぜて形作り、茹でたものをバターでこんがり焼く。ニョッキと似ていると思います。モチモチした食感で、クセになる美味しさ。
060629シュプフヌーデルン

02:10:28 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
リュスティック
 2006.06.29 Thu
written by なあな♪
水分の多いフランスパン。リュスティックは、粗野な、野趣的なという意。
060629リュスティック

参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
断面はこちら↓

 続きを読む

02:03:25 | フランスパン | comments(0) | trackbacks(0)
ヘリングザラート・ビーツ入り
 2006.06.28 Wed
written by なあな♪
生のビーツを買ったので、以前作ったヘリングザラートを再度作る。
本来はビーツが入るサラダ。
ビーツは少量入れるだけで、鮮やかな色に染まる。
ビーツ入りヘリングザラート060628

01:59:14 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
フラーデンブロート
 2006.06.28 Wed
written by なあな♪
ドイツパン。fladen=平たいパンの意。
丸い方は、同じ生地で作ったシュヴァイツァーブロート
フラーデン&シュヴァイツァーブロート060628


参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
この中の、ラ・ブランジェ・ナイーフのレシピを参考
01:51:58 | ドイツパン | comments(0) | trackbacks(0)
パン・ド・ミ
 2006.06.28 Wed
written by なあな♪
パートフェルメンテ法。
風味が良く、引きの強い美味しいパンだった。
パンドミドンク060628

参照:フランスパン・世界のパン 本格製パン技術―ドンクが教える本格派フランスパンと世界のパン作り / ブランジュリーフランセーズドンク
01:44:56 | フランスパン | comments(0) | trackbacks(0)
グリーンピース豆腐
 2006.06.26 Mon
written by なあな♪
裏漉したグリーンピースと昆布だしを葛粉で固めたもの。
出し汁に醤油とみりんで味付けしたつゆをかけ、ワサビを添えて食べると美味。
グリーンピース豆腐060626

レシピ覚書

 続きを読む

00:00:30 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0)
リーベルズッペ
 2006.06.25 Sun
written by なあな♪
「Riebelsuppe」すりおろしたスープの意。シュヴァーベン地方の郷土料理。
小麦粉と卵を硬めに練って、冷蔵庫で寝かした生地(写真左上)をすりおろしてチキンスープで煮込んでいます。独特のつるんとした喉越しが心地よい。
リーベルズッペ060625

この日の献立↓

 続きを読む

00:14:13 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
クルジェットのキッシュ
 2006.06.24 Sat
written by なあな♪
巨大ズッキーニ料理、第3弾。ズッキーニはフランス語では「クルジェット」
大小のキッシュが2個できたが、なんとズッキーニを約1キロも使う。
沢山あったズッキーにだったが、あっという間に使い切り!
ズッキーニは、水分が多い野菜。キッシュに使うものは、スライスして塩で
軽く揉んでおくので、量が随分少なくなる。
みずみずしくて、あっさりめの美味しいキッシュだった。
ズッキーニキッシュ大小060624


参照:
ハーブ&スパイスの地中海料理ノート―香りのごちそう通信 / パトリス ジュリアン

断面はこちら↓

 続きを読む

00:21:54 | フランス料理 | comments(0) | trackbacks(0)
ズッキーニとクルミのブレッド
 2006.06.23 Fri
written by なあな♪
細かく刻んだズッキーニ(フードプロセッサー使用)がたっぷり入るクイックブレッド。バターではなく、サラダ油を使うのであっさりめ。軽食にもピッタリ。ズッキーニが入っていることを知っていてもほとんど分からないほど。焼いても皮のグリーンが綺麗に残っている。
ズッキーニブレッドリング060623

渡辺みなみさんのレシピ。
生地が余ったので、マフィン型でも焼く。↓

 続きを読む

00:40:15 | アメリカ・イギリス菓子 | comments(0) | trackbacks(0)
野菜中心の夕食
 2006.06.23 Fri
written by なあな♪
シシャモ南蛮献立060623

・シシャモの南蛮漬け
  玉葱(2種)、万願寺唐辛子、青ジソ
・青葱のナムル
・緑パプリカのマリネ
・グリーンピースのガーリックバター炒め
00:17:02 | 野菜・果物 | comments(0) | trackbacks(0)
ジャガイモとビールのパン
 2006.06.22 Thu
written by なあな♪
マッシュポテトとビール入りのライ麦パン。
ジャガイモビールパン060622シメイビール060622
ベルギービール「シメイ・レッド」を使う。


参照:パンの学校―毎日食べたいフランス風パン / パトリス ジュリアン
22:34:30 | パン(イースト) | comments(0) | trackbacks(0)
シュバイネブラーテン
 2006.06.22 Thu
written by なあな♪
ドイツ料理。豚肉のロースト。焼き色を付けた塊肉をビール、ブイヨン、香味野菜、スパイスとオーブンで煮込みます。野菜などを漉してソースに。
付け合せは、バイエルン風ザワークラウトと柚子こしょう風味のマッシュポテト。柚子こしょうも自家製。
シュバイネブラーテン060622

22:29:59 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
ズッキーニの肉詰め
 2006.06.21 Wed
written by なあな♪
巨大ズッキーニを輪切りにして、中心をくりぬき、アンチョビ入りの肉種を詰めました。フライパンでソテーして、残った肉汁にワインやすりおろし玉葱、ケチャップなど適当にいれてソースに。
ズッキーニのファルシー060621

22:19:29 | その他各国料理 | comments(0) | trackbacks(0)
お化けズッキーニ
 2006.06.20 Tue
written by なあな♪
実家から届いた野菜の中にあった、巨大ズッキーニ。
一番大きなものは、長さ約40センチ、太い部分の直径9センチ、重さ約1.6キロ
大きいけれど、柔らかいそう。これで、色々作ってみよう。
巨大ズッキーニ060620

★ズッキーニを使った料理

 続きを読む

22:14:05 | 野菜・果物 | comments(0) | trackbacks(0)
ツヴィーベルブロート
 2006.06.18 Sun
written by なあな♪
玉葱入りライ麦パン。サワー種使用。
フライドオニオンを混ぜ込んだ、香りのよいパン。
今回は、淡路島産フライドオニオン使用。

ツヴィーベルブトート060618

参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
00:31:32 | ドイツパン | comments(0) | trackbacks(0)
パンペイザン
 2006.06.16 Fri
written by なあな♪
「農夫のパン」。発酵生地を使い、ライ麦粉とグラハム粉入り。
最終発酵後、生地を動かす際形が崩れてしまい、変な形になってしまった。
レシピの写真に惹かれて、作ったのに残念。
パンペイザン060616

参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
23:33:58 | フランスパン | comments(0) | trackbacks(0)
マヨネーズパン
 2006.06.16 Fri
written by なあな♪
マヨネーズとマスタードと玉葱を混ぜたものをトッピング。
フワフワで弾力もあり、何個でも食べられてしまいます。
マヨネーズパン060616

参照:
手づくりパン教室―講師養成講座 / 加賀田 昭枝
23:29:36 | パン(イースト) | comments(0) | trackbacks(0)
ゼーザムロジーネンシュタンゲン
 2006.06.16 Fri
written by なあな♪
胡麻と干し葡萄の棒パン。ライサワー使用。
表面にまぶした胡麻(今回は余っていた亜麻の実も混ぜた)が香ばしく
チーズとあわせて食べると美味しい。
ゼーザムロジーネンシュタンゲン060616

参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ
23:24:13 | ドイツパン | comments(0) | trackbacks(0)
ソーセージ&グリーンピースのピュレ
 2006.06.16 Fri
written by なあな♪
グリーンピースのビューレは、バターで玉葱とグリーンピースを炒め、香草やニンニクを入れてひたひたの水で煮込む。それを裏漉して、生クリームとバター、マスタードを加えて仕上げる。(このピューレは「ピューレ・サンジェルマン」と言うそう。)
ソーセージソースサンジェルマン060616

参照:『小川忠夫のヨーロッパ豆料理』
01:09:56 | フランス料理 | comments(0) | trackbacks(0)
グリーンピースのフラン
 2006.06.16 Fri
written by なあな♪
ブイヨンで柔らかく煮たグリーンピースを裏漉し、卵と生クリームと合わせて蒸したもの。洋風茶碗蒸しのよう。滑らかな舌触りで、熱々でも冷たく冷やしても美味しかった。旬のグリーンピースの甘味と風味をしっかりと味わう事ができた。
グリーンピースフラン060616

参照:『ヨーロッパの豆料理』
01:00:54 | フランス料理 | comments(0) | trackbacks(0)
グリーンピースのリゾット
 2006.06.15 Thu
written by なあな♪
今日のランチ。
沢山グリーンピースがあるので、ふんだんに使える。
リゾット作りは、いつも適当。
玉葱、生米を透き通るまで炒め、白ワインをふりひと煮立ちしたら、
熱いブイヨンを少しずつ加えていく。グリーンピースは生なので早目に鍋に
入れる。アルデンテに煮上がったら、生クリーム少々とパルメザンチーズで仕上げて出来上がり。
グリーンピースリゾット060615

01:09:50 | イタリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
旬・グリーンピース
 2006.06.14 Wed
written by なあな♪
昨日(6/13)実家から野菜便が届いた。今回のメインは、旬のグリーンピース。毎年この季節になると沢山送ってくれる為、食べきれない分は冷凍保存して1年近く使っている。
剥いたグリーンピースの重さを量ってみると、約2キロ。
さて、どんなものお料理を作ろうか・・・。冷凍保存もよいけれど、
できるだけ生の状態で旬の美味しさを楽しみたい。
剥きグリーンピース060614

★グリーンピースを使った料理メモ↓

 続きを読む

01:21:03 | 野菜・果物 | comments(0) | trackbacks(0)
グリーンピースのゼリー寄せ
 2006.06.14 Wed
written by なあな♪
グリーンピースを使ったレシピを探していたら、とっても可愛らしいお料理を発見!!
グリーンピースのゼリー寄せ060614

↓こちらのレシピを参照
http://www.tepore.com/cooking/recipe/300199/index.htm
00:48:33 | その他各国料理 | comments(0) | trackbacks(0)
グリーンピースのスープ 東フリース風
 2006.06.14 Wed
written by なあな♪
まだまだ続く、ドイツ料理ブーム!
ドイツの東フリース地方の料理。この地域は、オランダの西フリース地方とともに独自の文化をもつフリース人の居住地。
食材は、グリーンピース、人参、玉葱、セロリ、ベーコンなど。
野菜が煮えたら、マッシャーであらく潰し、最後にソーセージを入れて出来上がり。優しい、飽きのこない味。これから、我が家の食卓に登場することも多そうです。
グリーンピーススープ060614

参照:http://www.marions-kochbuch.de/rezept/0949.htm
00:29:16 | ドイツ・オーストリア料理 | comments(0) | trackbacks(0)
ヨーグルトブロート
 2006.06.14 Wed
written by なあな♪
ライサワー種と生イースト。カスピ海ヨーグルト使用。
最近ズッシリ系のパンが続いたため、ライ麦の割合が少ないこのパンは
ふんわり、もっちりしてまた違う美味しさ。
ヨーグルトブロート060614

参照:パンの基本大図鑑―パン・マルシェ / 大阪あべの辻製パン技術専門カレッジ

↓断面はこちら・・

 続きを読む

00:20:13 | ドイツパン | comments(0) | trackbacks(0)
ズルタニエンヴュアフェル
 2006.06.12 Mon
written by なあな♪
ウィーン菓子。「ズルタニエン」はサルタナレーズン、「ビュアフェル」は四角の意。サルタナレーズンは、他のレーズンと比べ焦げ難いそう。サルタナの他、ヘーゼルナッツとアーモンドスライスが入り、レモンの風味が効いている。しっかり焼き上げ、ザクッとした歯応えが良い。
ズルタニエンヴュアフェル060612

参照:
いま新しい伝統の味ウィーン菓子―生地とクリームのおいしさ再発見 / 野沢 孝彦
00:05:45 | ドイツ・オーストリア菓子 | comments(0) | trackbacks(0)
| HOME | next

このブログをリンクに追加する