スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by なあな♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
サリー・ムルギー Sali Murghi
 2016.09.21 Wed
written by なあな♪
インド・ムンバイのゾロアスター教徒(パールスィー)の料理。サリーはポテトストロー、ムルギーは鶏肉(羊肉で作ればサリー・ボティ)、またアプリコットを入れることも多く、その場合はサリー・ジャルダルーとなる。
パールスィーは「ペルシャ人」という意味。ササン朝(ゾロアスター教を国教とした最後のペルシャ帝国)が7世紀に滅亡した後、ゾロアスター教徒はムスリム支配下で迫害されたため、インドに集団移住した人々の末裔。
17世紀の英国インド進出の際、英国の東インド会社は極少数派パールスィーを敢えて優遇し、パールスィーは経済力・政治力を高めて現在に至る(タタ財閥はパールスィー、インディラ・ガンジーの夫もパールスィー)。父親が信徒でなければゾロアスター教徒にはなれないこともあり、いまや信者数はインドとイランを中心に10数万人しかいないが、パールスィーは商いを生業としてきただけあって宗教行事以外は伝統にさほど固執しなかった。
パールスィーの食生活は、インド風のスパイスを使い、トマトやジャガイモなど新大陸産の素材も交易を通じて馴染みがあったために早くから取り入れ、ペルシャ時代とは全く異なるものになってる。「サリー・ムルギー」もそんな多文化を融合したパールスィーらしい料理のひとつ。炒め玉葱・トマト・スパイス類をミキサーにかけてグレイビー状にしたソースで鶏肉を煮込み、アプリコットを入れない場合は砂糖を少し加える。何と言っても特徴的なのはポテトストローを乗せて食べることだろう。細く切ったポテトはカレーソースと混ぜてもパリパリとした食感が残り、想像以上の美味しさ。油っぽさも意外と感じない。
160921サリ・ムルギ
スポンサーサイト
00:08:57 | インド料理 | comments(0)
ヴァンギ・バート
 2015.04.17 Fri
written by なあな♪
インドの南方を中心に広い範囲で食べられている茄子のスパイシー混ぜご飯。ヴァンギ・バートは西インド・マラーティー語の表記で、タミル語ではカットリカ・サダムとなる。
日本ではインド料理というと北方のムスリムの食文化だったナンが代名詞のようになっているが、インド全体の平均では小麦よりも米をよく食べる。白飯で食べることもあるが、ビリヤニ、プラオなどをはじめとした混ぜご飯の方が一般的で、ヴァンギ・バートはそんなバラエティ豊かなインドの混ぜご飯の一種。
予め炊いておいた長粒米に、スパイス類で炒めた茄子を加えて混ぜるのが基本形。豆(今回はカシューナッツ使用)、削りココナツ(生のココナツ果肉を削った)を加えることも多い。適度に油を吸った茄子のコクが加わり、ボリューム感がある。辛味は青唐辛子程度でマイルドで、手軽に作れて食べ易い、おすすめの混ぜご飯。
150417ヴァンギ・バート
23:40:42 | インド料理 | comments(0)
ナルギス・コフタ
 2011.06.01 Wed
written by なあな♪
インド亜大陸北部の料理、茹で卵入りのスパイシー肉団子。「インド風スコッチエッグ」と紹介されていることがあるが、実際にはインドから英国に伝わったもので、スコッチエッグの方が「英国風ナルギス・コフタ」といえるだろう。
ナルギスはナルシストの語源になったギリシャ神話のナスシッソス、すなわち水仙。肉団子を切って見える卵の黄身と白身の断面を、水仙の花(黄色い副冠に白い花弁)に見立てた命名だと言われている。
写真のように肉団子だけの場合もあるし、肉団子を更にトマトやクリームで煮込んでシチューにすることもある。卵と一緒に味わうことでスパイシーな肉団子の風味がまろやかになり、お子様でも美味しくいただけると思う。
110601ナルギス・コフタ
参照レシピ:スパイシーオードヴル
00:58:20 | インド料理 | comments(0)
アル・キーマ
 2011.01.14 Fri
written by なあな♪
インド亜大陸北部の料理、ジャガイモ(アル)と挽肉(キーマ)のスパイス炒め煮。キーマ・カレーはもはやカタカナでも通じるくらい日本でもお馴染みの料理になっている。ただし日本でよく見かける鶏肉使用でマタル(グリーンピース)を加えるというパターンは現地では少数派。イスラム圏では羊か山羊か牛肉、ヒンドゥー圏では羊か山羊肉が基本で、野菜は豆の他にジャガイモもよく使われる。
スパイスは、ホールは黒胡椒が特徴的(他にカルダモン、クローヴ、クミン、コリアンダー、シナモンあたりを好みで)。パウダーはターメリックとチリとガラムマサラなど、あとはにんにく生姜ペースト。そこに玉葱とトマトで野菜が加わる。ナンやロティなどのインディアン・ブレッドと合わせることが多い(写真はオートミールや全粒粉たっぷりのオリジナルロティ)。スパイスの風味と野菜の旨味をたっぷりと吸った挽肉が堪らない、手軽ながらなかなか美味しい南アジア料理。
110114アル・キーマ

 続きを読む

23:56:00 | インド料理 | comments(0)
かぼちゃのサブジ
 2010.09.16 Thu
written by なあな♪
北インド料理、カボチャ(カドゥ)のスパイス炒め(サブジ)。通常の食卓にも登場するが、秋(地域によっては春も)に行われるナヴラトリ(九夜祭)に食べるお料理として有名。
フライパンに油を熱し、フェネグリーク種・クミン種を入れて弾けて色が変わったら青唐辛子を加えてさっと炒め、一口大に切った南瓜・ターメリック粉・コリアンダー粉・塩・水を加えて蓋をして弱火で煮込む。南瓜が柔らかくなったら、砂糖・アムチュール・ガラムマサラを加えて軽く煮込めば出来上がり。酸味を付けるためにアムチュール(マンゴー粉)を使うのが北の方の料理らしい(南の方はタマリンドが多い)。甘く柔らかい南瓜にちょうど良い具合にスパイスが絡みつき、複雑な風味を楽しめる。アムチュールの酸味で後味は爽やか。南瓜をたくさん美味しく食べられるお料理のひとつ。
100916カドゥ・キ・サブジ
00:48:02 | インド料理 | comments(0)
| HOME | next

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。